ゴルフを長くやっていると、人のゴルフのアドレスを見るだけで、どの程度のレベルか判断できるようになります。

ゴルフの基本はアドレスに始まり、アドレスに終わると言われ、アドレスが重要とも言われます。

このアドレスを決定する要素は、スタンスとなります。

どのような向きに、足を構えているか、腰や肩はどちらを向いているかで、ボールの飛ぶ方向も、おおよそ決まってきます。

しかし、アドレスが完璧でも、スイングが適切ではないゴルファーもいます。

それでは、ゴルフの基本となる、各スタンスに対して、どのようなスイングをすることが最適なのでしょうか。




何気なく構えて、何気なくボールを打って、ミスを繰り返している初心者の方に、ゴルフのスタンスとスイングの基本についてお話しします。

しっかり、基本を理解して、ゴルフ上達に役立ててください。


1.ゴルフのスタンスとスイングの関係について

ゴルフのスタンスには、何種類かの形があります。

また、ゴルフのスイングにも、何種類かの形があります。

これらの物を、うまく組み合わせないと、理想的なショットはできませんね。

この章では、正しいスタンスとスイングの基本的な組み合わせについて、述べていきます。


1.ゴルフのスタンスの種類とは

まず、ゴルフの基本的なスタンスの種類について、お話しします。

基本的なスタンスの種類は、以下の3種類になります。

構え方やボールの球筋も、考慮に入れると複雑になるので、今回は右打ちで、曲がらないストレートボールをベースにお話しします。

(1)スクウェアスタンス

ボールを飛ばす方向に、まっすぐスタンスをとる方法ですが、なかなかコースでまっすぐ構えるのは難しいですね。

(2)オープンスタンス

ボールを飛ばす方向の後の足(右足)を前に出して構えます。

前方が見えやすく、下半身のリードでボールを打ちやすく、安定性や正確性が増すため、アプローチ等に使われるスタンスです。

(3)クローズスタンス

ボールを飛ばす方向の前足(左足)を前に出して構えます。

前足になる左足から力が抜けにくくなるため、ボールが捕まりやすく、強いボールが打ちやすくなります。


2.各スタンスに適したスイングとは

それでは、各スタンスにあったスイングについてお話しします。

スタンスとスイングが合っていないと、ミスショットになる確率が上がりますので、気を付けましょう。

(1)スクウェアスタンス時のスイング

ゴルフにおいて、基本ではあるのですが、まっすぐ構えて、まっすぐ打ちというのは、意外に難しいです。

まっすぐ構えているので、スイングも素直な、インサイドインのスイングが最適です。

これが出来たら、ある意味シンプルで、理想的なゴルフが出来ると言ってもいいですね。

(2)オープンスタンス時のスイング

これで、スイングするとアウトサイドインのスイングになります。

下半身を使ったスイングがしやすく、ダウンブローを打ちやすかったり、スライスボールを打ちやすくなります。

(3)クローズスタンス時のスイング

これで、スイングするとインサイドアウトのスイングになります。

下半身をしっかり固定した、強いショットが打ちやすく、ドローボールが打ちやすくなります。

この様に、ゴルフの基本となるスタンスとスイングをうまく組み合わせられると、ゴルフの上達は間違いないでしょう。






ゴルフがもっと上手くなりたい人へ
ゴルフが驚くほど上達する練習教材
✓スコアが100切れない
✓飛距離が中々出ない
✓本を読んでも、プロから指導を受けても上達しない
✓コースに出ると全然スコアが伸びない

そんなアナタにおすすめなのが、 「ゴルフが驚くほど上達する練習教材」 です。

ゴルフが驚くほど上達する練習教材は、 元プロゴルファーやティーチングプロ などが監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にゴルフが上達 することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のゴルフが上達する練習教材を紹介します。
7日間シングルプログラム

5ラウンド以内に80〜90台のスコアを!!
このプログラムはジャパンゴルフツアーに出場する現役のプロゴルファーの小原大二郎氏 が教える7日間で100を切り、安定的に80〜90台のスコアを出すための練習方法です!!

短い時間で成果が出るから忙しいアマチュアゴルファーにぴったりです!

しかも5ラウンド以内に80〜90台のスコアが出なければ、返金保証がついているので、安心して取り組めます!