ゴルフのスイングは、クラブのグリップとスタンスを含むアドレスで、おおよそ80%は決まってしまうと言われいます。

ですから、ゴルファーをボールを打とうとする時、それをチェックポイントに入れている人は、多いと思います。

そのスタンスの中でも、肩の向きがボールの方向性を決めてしまうとも、言われています。

ゴルフのショットを後から見ると、極端に体のラインが、右や左を向いている人がおり、ショットすると向いているほうに、ボールが飛んでミスになっている場面は、よく見かけます。




足のスタンスは取れていても、肩のラインが取れていないため、思った方にボールが飛ばず、悩まれている方は、意外に多いように思います。

この章では、この肩のラインをチェックして、狙った方向に確実にボールを打つ方法を、述べたいと思います。

自分では見えないため、上半身の肩のラインを上手く維持して、ゴルフを上達させましょう。 


1.肩のラインの正確な出し方について

正確なスタンスをとっても、両肩のラインが正しくなければ、ボールは思うように飛んでくれません。

といっても、足のスタンスは目で見れても、両肩のラインというのは、なかなか確認できないものです。

自分の球筋により、両肩の向きが何が正解かは、変わってくるものですから、まずは、ストレートボールを打つ場合の、スクウェアスタンスの場合で話を進めます。


1.肩のラインのチェック法

まず、誰でも簡単にに出来る、簡単なチェック法をお話しします。

まず、実際に打つつもりで、スタンスを取り構えます。

次に、肩を動かさないで、手だけ動かして、肩のラインにクラブを地面に水平に当ててみます。

この時、クラブシャフトが向いているのが、両肩のラインという事になります。

実際に、やってみると、思ったより違う方向を向いていて、驚くことがありますが、それが自分の癖になっていて、思い返すと、その方向にミスショットしていることに気づきます。

それで、目標方向に方向を修正して、肩のラインの感覚を自分の体に覚えこませます。

慎重にやるには、膝のラインも同じように確認し、もちろん足のスタンスも、確認して、体の向きが正しいように調整しましょう。

一度悪い癖が付くと、なかなか治らず、ミスショットの原因になりますから、気を付けましょう。


2.コースデビュー時の肩のラインの出し方

まず、練習場でしっかりボールを打ち、方向性も良くなったとしても、コースに出ると思ったようにボールが打てず、パニックになるときがあります。

練習場は、どちらが正確にまっすぐかが、わかるようになっているので、打ち出し方向に迷うことは無いでしょう。

ところが、コースには、そのようなものはありませんから、肩のラインもどうすればいいのか、と迷う事もあります。

そんな時には、肩のライン方向で、ボールの前方1メーター位のところに、何か目標を見つけましょう。

ボールとその目標があれば、肩のラインの方向が決まりますし、また、目標を見ますから、早すぎるヘッドアップも防げます。

しっかりとした、肩のラインを意識するだけでも、方法性をコントロールする意識が生まれ、ゴルフの上達にもつながります。






ゴルフがもっと上手くなりたい人へ
ゴルフが驚くほど上達する練習教材
✓スコアが100切れない
✓飛距離が中々出ない
✓本を読んでも、プロから指導を受けても上達しない
✓コースに出ると全然スコアが伸びない

そんなアナタにおすすめなのが、 「ゴルフが驚くほど上達する練習教材」 です。

ゴルフが驚くほど上達する練習教材は、 元プロゴルファーやティーチングプロ などが監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にゴルフが上達 することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のゴルフが上達する練習教材を紹介します。
7日間シングルプログラム

5ラウンド以内に80〜90台のスコアを!!
このプログラムはジャパンゴルフツアーに出場する現役のプロゴルファーの小原大二郎氏 が教える7日間で100を切り、安定的に80〜90台のスコアを出すための練習方法です!!

短い時間で成果が出るから忙しいアマチュアゴルファーにぴったりです!

しかも5ラウンド以内に80〜90台のスコアが出なければ、返金保証がついているので、安心して取り組めます!