ゴルフを行う上で真っすぐ飛ばす事は、スコアアップに繋がるので、上達にはまっすぐ飛ばすスイングを身に付ける事が肝要です。

まっすぐに飛ばす事で、ナイスショットと言われるのは爽快でありゴルフの魅力でもあります。


1.アドレス時ヘッドを少し立たせる

まっすぐ飛ばすスイングを身に付けるには、まずアドレスから少し変えていくと良いです。

鏡を見ながら修正すると良いですが、いつも通りのアドレスを作り、注目する事は両腕とクラブの角度です。




両腕とクラブのラインが大文字のY時になっていれば、左手首が外側へ若干曲がっている事になります。

左手首が外側へ曲がると必要以上にリストターンをする必要があり、ヘッドがスクエアに戻り切れなくなるので、結果的にスライスや左肘が外側へ逃げてしまいます。

クラブは直角にしないで、左腕とほぼ同じ角度に傾けるようにしますが、ヘッドが少し立つように心掛ける事で左手首が外側へ曲がらずに余計なリストターンをしなくても良いです。


2.上体は後ろに回転させる事

ゴルフスイングは、しっかりとしたイメージが出来れば、比較的短期間で上達する事が出来ますが、イメージが出来ていないと、練習しても期待出来るような上達はないと言えます。

まっすぐ飛ばすイメージを持つ事も大事ですが、イメージとしては、スイングは軸を持って回転しなければならないです。

初心者は、ボールを前方へ飛ばそうと強く意識するので、ヘッドの軌道イメージが一直線になってしまいます。

ヘッドの正しい軌道イメージは、一直線ではなく円形で、円形を描く為に上体を真後ろに回転する必要があります。

トップの形を作りキープして、真後ろから声をかけられた事をイメージします。

左旋回で真後ろに振り向くイメージから最後に腕をフィニッシュの形にする動作で、正しい腰の回転が出来るので、肩もしっかりと回転している事が分かると思います。

初心者は、体が全体的にスウェイする事が多く、しっかりと回転するイメージが大切です。


3.まっすぐ飛ばす練習のポイント

ゴルフのスイングでは、テークバックからインパクトの間の時間は、ほんの一瞬の出来事と言えます。

その一瞬の間に5つも6つもスイングのポイントを意識的に確認するのは不可能と言えます。

動きのあるテークバックからフォロースルーの練習をする場合は、1つに絞り感覚が無意識に出来るようになってから次のまっすぐ飛ばすスイングの練習をすると良いです。






ゴルフがもっと上手くなりたい人へ
ゴルフが驚くほど上達する練習教材
✓スコアが100切れない
✓飛距離が中々出ない
✓本を読んでも、プロから指導を受けても上達しない
✓コースに出ると全然スコアが伸びない

そんなアナタにおすすめなのが、 「ゴルフが驚くほど上達する練習教材」 です。

ゴルフが驚くほど上達する練習教材は、 元プロゴルファーやティーチングプロ などが監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にゴルフが上達 することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のゴルフが上達する練習教材を紹介します。
7日間シングルプログラム

5ラウンド以内に80〜90台のスコアを!!
このプログラムはジャパンゴルフツアーに出場する現役のプロゴルファーの小原大二郎氏 が教える7日間で100を切り、安定的に80〜90台のスコアを出すための練習方法です!!

短い時間で成果が出るから忙しいアマチュアゴルファーにぴったりです!

しかも5ラウンド以内に80〜90台のスコアが出なければ、返金保証がついているので、安心して取り組めます!