ゴルフ上達のポイントは、ゴルフクラブがどういう過程でボールにミートし振り抜けているか考える事だと思います。

ダフった場合は、クラブフェースが必ず球の手前に入ってくる訳です。

アイアンショットの場合は、クラブの軌道で最下点となる場所にフェースが入ってこないとダフったりトップしたりします。

まずは、素振りから最下点を意識して練習するようにしてください。

毎回同じ位置が最下点となるように意識して練習すればかなり上達すると思います。





1.小さく振って大きくする

最下点を毎回同じ位置に来るようにするには練習しかありません。

しかし上達を早める方法はあります。

まずは大きく振るのではなく、ちいさく振り子のようにクラブを振っていき、徐々に振り幅を大きくしていくのです。

小さい振り子スイングで最下点が同じところに来なければ、小さい振り子スイングを続けて練習してください。

いきなり大きなスイングで最下点を同じ位置に持って来るのは至難の技です。

焦らず練習するのが上達の早道ですので頑張ってください。


2.ドライバーの最下点は

ドライバーの場合、フェースとボールがコンタクトする場所は最下点の少し先になり、アッパースイングになっていきます。

フェースが最下点を通過後にボールにコンタクトしていくイメージを持って素振りしてください。

「ヘッドが最下点を走っていく」と考えていくといいでしょう。


3.素振りが大事

練習場で最下点をイメージしても、初心者の方は初めから球をどんどん打っていってもなかなかイメージ通りの球を打つことはできません。

1球の値段もばかにしてはいけないので、素振りを3回してから1回球を打つなど工夫してくださいね。

素振りでマットをする場所が最下点で毎回同じところに擦れるようになれば上達したと自覚できると思います。

ドライバーの場合は最下点を通過後にヘッドが走り、風を切る音を左耳で聞こえるようにクラブを振り抜けば、ヘッドスピードも上がり、より強い球を打つ事ができます。

最下点ばかりを意識してしまうと、クラブをアウトサイドに上げてしまったり、インサイドアウトになってしまったり、顔が上下してしまったりしまいます。

ゴルフスイングは色々と注意しなければいけないポイントが多いのですが、一つずつポイントをクリアしていけば、調子が悪くなってきた時どの部分がいけないのかわかって来ると思います。
上達すると無理にチェックポイントを上げなくても自然とスイングできるようになりますが、調子を崩すことは必ずやってきます。

そんな時、一つ一つポイントを思い出せば早く調子を取り戻す事ができますので、コツコツ練習していきましょう。






ゴルフがもっと上手くなりたい人へ
ゴルフが驚くほど上達する練習教材
✓スコアが100切れない
✓飛距離が中々出ない
✓本を読んでも、プロから指導を受けても上達しない
✓コースに出ると全然スコアが伸びない

そんなアナタにおすすめなのが、 「ゴルフが驚くほど上達する練習教材」 です。

ゴルフが驚くほど上達する練習教材は、 元プロゴルファーやティーチングプロ などが監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にゴルフが上達 することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のゴルフが上達する練習教材を紹介します。
7日間シングルプログラム

5ラウンド以内に80〜90台のスコアを!!
このプログラムはジャパンゴルフツアーに出場する現役のプロゴルファーの小原大二郎氏 が教える7日間で100を切り、安定的に80〜90台のスコアを出すための練習方法です!!

短い時間で成果が出るから忙しいアマチュアゴルファーにぴったりです!

しかも5ラウンド以内に80〜90台のスコアが出なければ、返金保証がついているので、安心して取り組めます!