ゴルフスウィングで前半はいいのに後半はボールの方向性が悪くなったり、どうすれば安定したショット飛距離を出す事が出来るのか悩むところです。

ゴルフスイングで大切なのは下半身の力に関係し、上達には必要な事です。

そこでゴルフのスイングで大切な下半身の鍛え方をご紹介します。


1.筋力アップの前に

下半身を鍛える前に必ずしなければならない事があります。

それはストレッチなのです。

柔軟な筋肉をつけなければ疲れやすくなります。

筋肉が硬いと血の循環が悪くなり、疲れやすく痛みなどが発生します。




トレーニングの前後はストレッチをする事を心がけましょう。


2.ゴルフに必要な下半身の筋肉

ゴルフのスイングで大切な下半身の鍛え方でどの部分を鍛えれば良いのかご紹介します。


1.持久力

スタミナがなければ集中力も落ちます。

一番簡単な方法はジョギングです。

ジョギングをしながら間に数メートルをダッシュして瞬発力を付ける運動も取り入れましょう。

トータル的な筋力アップ方法は階段を上り下りする事が全体的に筋肉がつきます。

一度に多くの段数をするのではなく徐々に段数を増やして、目標を定めてやる事で持続できます。


2.両脛を鍛える

脛を鍛える事で身体が流れる事を防ぎます。

脛はゴルフでいう壁の役割をします。

壁が崩れるとパワーが逃げて飛距離が落ち、方向性が悪くなります。

脛はかかとを上げる運動を繰り返すことで鍛える事が出来ます。

縄跳びなども有効的な運動です。

脛を鍛える事で斜面などの踏ん張る力も強くなります。


3.太ももを鍛える

太ももを鍛える事でインパクト時の姿勢を維持する事が出来ます。

太ももの力が弱いとトップでの右半身の伸びあがり、インパクトでの左半身の伸びあがりにつながりミート率が落ちます。

太ももの鍛え方は一番有名なのがスクワットです。

しかしスクワットをやり過ぎるとひざの故障を起こす可能性があります。

スクワットより時間は多くなりますが仰向けに寝て足を上げて曲げたり伸ばしたりという運動で同じ効果があり、膝にも負担がかかりません。

同時に腹筋も鍛える効果があるのでお勧めです。


4.回転する筋肉をつける

どんなスポーツでも腰を切る運動があります。

簡単に言うと右腰と左腰が入れ替わる運動です。

ゴルフではこの運動が早いとヘッドスピードがアップする為飛距離アップにつながります。

ゴルフ時の腰の動かし方は左に回転しながら右足の裏が見えるくらいひっくり返す事でゴルフスウィングの腰の動きが理解できます。

べた足が良いなど様々なレッスンがありますがべた足はあくまで足首が柔らかい方のみになり、硬い方にはお勧めできません。

ゴルフのスイングで大切な下半身の鍛え方は様々な方法がありますが、くれぐれも急に多くのトレーニングをしない事です。

身体と相談しながら徐々に量を増やすことが大切で、バランスのとれたゴルフのスイングで大切な下半身の鍛え方を実行して上達しましょう。






ゴルフがもっと上手くなりたい人へ
ゴルフが驚くほど上達する練習教材
✓スコアが100切れない
✓飛距離が中々出ない
✓本を読んでも、プロから指導を受けても上達しない
✓コースに出ると全然スコアが伸びない

そんなアナタにおすすめなのが、 「ゴルフが驚くほど上達する練習教材」 です。

ゴルフが驚くほど上達する練習教材は、 元プロゴルファーやティーチングプロ などが監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にゴルフが上達 することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のゴルフが上達する練習教材を紹介します。
7日間シングルプログラム

5ラウンド以内に80〜90台のスコアを!!
このプログラムはジャパンゴルフツアーに出場する現役のプロゴルファーの小原大二郎氏 が教える7日間で100を切り、安定的に80〜90台のスコアを出すための練習方法です!!

短い時間で成果が出るから忙しいアマチュアゴルファーにぴったりです!

しかも5ラウンド以内に80〜90台のスコアが出なければ、返金保証がついているので、安心して取り組めます!