よくゴルフのテレビ中継で、プロのショットをうまくラインを出して打っていますねとか、言われることを聞いたことがあると思います。

ゴルフの初心者やゴルフをやらない人は、どんなことを言っているか、いまひとつ分からないかもしれませんね。

ラインというのは、線の事ですが、この線というのは打ち出す方向の事ではないかというところまでは、予測できなくもありません。

ゴルフは、飛距離だと思っていて、とにかく遠くに飛ばしたいという方はともかく、いいスコアで上がりたいという方は、このラインを意識する必要があると思います。

ここでは、具体的にラインを出すとはどういうことか、また、具体的なその出し方について説明していきましょう。




それにより、スコアが良くなって、上達したゴルファーの仲間入りを目指しましょう。


1.ゴルフスイングのラインとは何かとその出し方

ゴルフというのは、グリーン近づくほど、正確な方向性が求められます。

グリーン近づくほど、クラブの長さは短くなり、正確にグリーンやピンに近づくほど、スコアがアップしますね。

このボールの飛びの方向性が、ラインなのでしょう。

ここで、それを確認して、そのようなスイングの仕方も、説明していきましょう。


1.ゴルフのスイングのラインを出すとは

つまるところ、スイングでラインを出すというのは、狙った目標に対してボールが飛んでいく事を言っています。

自分でも、打ってみるとわかるのですが、いいショットが出来て、ボールを見ると、思った方向に正確に飛んで行っているときは、ドキドキしますね。

練習場でも、正確で同じスイングを身に付けると、ボールはほぼ同じところに飛んでいくようになる時があります。

練習場にも、何かマークの様に物があり、そこを狙って連続でボールを打っても、ほぼ同じ位置にボールが落ちると、上達したような感じがします。

正確なスイングが身に付いたのではと、実感できるときです。

これが、コースでも出来れば、大幅なスコアアップも夢ではないでしょう。


2.ラインを出す打ち方とは

まず、方向性重視のスイングとなりますが、特に何に気を付けたらいいのでしょうか。

この場合、複雑なのはゴルフのボールの飛び方には、いろいろあって、まっすぐ飛ぶストレート意外に、左右に曲がるフック、スライス、ドロー、フェードなどがあります。

曲がるボールの説明は、複雑になるので、ここではストレートを例にして、説明します。

ラインを出すためには、まずボールをクラブフェイスにスクウェアに当てる必要があります。

つまり、打つ方向に対して、フェースが直角を向いていることです。

フェースの向きが、左や右を向いて当たるとボールは曲がるので、打ち出し角度はまっすぐで、うまくいったと思っても、最後に目標を反れてしまいます。

素振り等では、フェースがスクウェアでも、実際のスイングでフェースが左右を向く原因は、力みという事が分かっています。

そこで、力みを抜いて、ハーフショットのつもりで打った時に、意外に距離も落ちず、ラインも出た正確な方向性のショットが打てることも、分かっています。

ですから、正確性の要求されるアプローチショットは、ハーフショットで方向性と距離を出すのが、良いとされています。

実際に、練習場でラインの出せるショットを練習して身に付けてください。

グリーンのピンに向かって、まっすぐ飛んでいく、気持ちのいいショットを身に付けられるかもしれません。

ラインを意識したゴルフのスイングで、上達を身に付けてください。






ゴルフがもっと上手くなりたい人へ
ゴルフが驚くほど上達する練習教材
✓スコアが100切れない
✓飛距離が中々出ない
✓本を読んでも、プロから指導を受けても上達しない
✓コースに出ると全然スコアが伸びない

そんなアナタにおすすめなのが、 「ゴルフが驚くほど上達する練習教材」 です。

ゴルフが驚くほど上達する練習教材は、 元プロゴルファーやティーチングプロ などが監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にゴルフが上達 することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のゴルフが上達する練習教材を紹介します。
7日間シングルプログラム

5ラウンド以内に80〜90台のスコアを!!
このプログラムはジャパンゴルフツアーに出場する現役のプロゴルファーの小原大二郎氏 が教える7日間で100を切り、安定的に80〜90台のスコアを出すための練習方法です!!

短い時間で成果が出るから忙しいアマチュアゴルファーにぴったりです!

しかも5ラウンド以内に80〜90台のスコアが出なければ、返金保証がついているので、安心して取り組めます!