ゴルフのスイングは、クラブを体の正面に保てという、教えがあります。

しかし、スイングの動きの中で、クラブは大きく動きますし、向きも位置もバラバラですから、正面に保つというのは困難な気がします。

これは、なにかゴルフスイングの気を付けるポイントを象徴的に言っているのであって、なかなか理解しがたい問題です。

ボールに当たる瞬間は、確かに正面にあるボールにまっすぐ対峙しているほうが、確実に当たるような気もしますね。




それでは、このスイングの正面とは、何に気を付けるスイングなのか、お話ししていきたいと思います。

それが分かれば、ワンランク上の理想のスイングに繋がり、ゴルフの上達を図れるかもしれませんね。


1.ゴルフのスイングでクラブを正面に保つって

ゴルフクラブを体の正面に保つっていうのは、クラブの動き、体の動きを考えると困難な事です。

しかし、意識として、クラブを体の正面に置くと考えると、ひとつのスイングの形が見えてきます。

ここでは、体の正面にクラブを置く意識で、スイングするメリットと、その具体的な方法をお話ししましょう。


1.グラブを体の正面に置くメリットについて

一般的に、力んで腕の力だけで力任せに打つ、手打ちになっていると、ミスショットの原因になる事は、良く知られています。

この場合は、自分の腕に力を入れる事だけ考えていますから、胴体や頭、足の動きと腕の動きがバラバラになりやすいです。

そうすると、毎回同じショットをすることは難しくなりますし、ちょっとした動きの違いで、スイング軌道にズレが生じてしまいます。

これで、いいショットを打つことは、大変困難なことになります。

体の正面にクラブを置こうとすると、胴体と腕は常に同じ形にしなければいけませんし、腕ではなく胴体の回転でスイングすることになります。

つまり、ボディーターンをつかったスイングになります。


2.グラブを体の正面でスイングする方法

では、具体的にどのようなスイングを心がければ、ボディーターンを使った、理想的なスイングが出来るのでしょうか。

まず、両肘を胴体に付けて、腕は三角形の形を維持するようにします。

体の回転で、クラブを振り上げトップの位置をしっかり決めて、体の回転でクラブを振り下ろし、そのままフォロースールでクラブを振り切ります。

この場合の、打ち終わった後のトップの位置と形も、しっかり決めておきます。

打ち方は、コンパクトをイメージしましょう。

スイングのつくり方は、最初はふり幅を小さくして、ボールを打ってみて、徐々にフルスイングまで仕上げていきましょう。

これで、安定したスイングが完成します。

あなたのゴルフも、きっと一段階上達しているでしょう。 






ゴルフがもっと上手くなりたい人へ
ゴルフが驚くほど上達する練習教材
✓スコアが100切れない
✓飛距離が中々出ない
✓本を読んでも、プロから指導を受けても上達しない
✓コースに出ると全然スコアが伸びない

そんなアナタにおすすめなのが、 「ゴルフが驚くほど上達する練習教材」 です。

ゴルフが驚くほど上達する練習教材は、 元プロゴルファーやティーチングプロ などが監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にゴルフが上達 することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のゴルフが上達する練習教材を紹介します。
7日間シングルプログラム

5ラウンド以内に80〜90台のスコアを!!
このプログラムはジャパンゴルフツアーに出場する現役のプロゴルファーの小原大二郎氏 が教える7日間で100を切り、安定的に80〜90台のスコアを出すための練習方法です!!

短い時間で成果が出るから忙しいアマチュアゴルファーにぴったりです!

しかも5ラウンド以内に80〜90台のスコアが出なければ、返金保証がついているので、安心して取り組めます!