ゴルフを始めてすぐのころ、皆さんが悩むのは、クラブにボールが当たるようになっても、飛ばないという事ではないでしょうか。

それは、特定のクラブが飛ばないという事もあれば、全体的にボールが飛ばないという事もあると思います。

その一つは、スイングがまだ完成しておらず、正しくボールを当てることが出来ないこともあるでしょう。

もう一つは、クラブが自分に合っていないという事も考えられるでしょう。

これは、いくら正しいスイングをしても、適正なボールは打てないので、スイングを崩してしまい、ゴルフが嫌いになってしまいますね。




多くの人は、スイングが完成していないために、ボールを正しく打てていないので、工夫と練習次第で、飛距離を伸ばすことは可能でしょう。

この章では、まずは人並みに、各クラブで適正な距離をとばない状況を改善して、正しいスイングを作り上げる方法を、考えていきましょう。

それにより、ボールの距離が出てゴルフが楽しくなり、上達も図ることが出来れば、楽しいゴルフライフを送ることが、出来るようになりますね。


1.適正なゴルフスイングを作って飛距離を伸ばす方法について

まず、適正なスイングというものを理解して、難しいドライバーを例にとって、自分にとって適正な飛距離を、手に入れる方法について考えていきましょう。

間違ってはいけないのは、人と比較して、飛距離が出ないという事は、恥ずかしいと思う事です。

自分の腕により、もっているクラブの適正な距離が出せれば、スコアはついてきます。

ゴルフは、単純に飛距離を争う競技ではなく、最小打数でラウンドする競技ですから、むやみに距離を求めるのは、間違いです。

無理なスイングをして、スコアを崩していては、ゴルフは上達しません。

自分のクラブでの適正な距離を打つことを、第一に心がけましょう。


1.ドライバーの飛距離を伸ばすには

ドライバーショットは、結局のところ飛ばしあいの要素が強いですね。

朝一で、すごい距離を打てれば、それで相手を圧倒した気になります。

しかし、先にも言った通り、ゴルフは上がってなんぼですから、最後までコンスタントに、無理なくボールを飛ばせればいいと思います。

ただ、極端に飛ばないのは気になりますね。

そこで、ここではドライバーの飛距離を出す方法を述べましょう。

初心者が飛ばない理由は、力んでアウトサイドインにクラブを振って、やっと当たっても、大きなスライスとなり、距離も出ず、最悪OBもあるといったところでしょう。

まずは、力まないスイングを身に付けるために、最初ティークバックで右に体重を移動し、ダウンスイングからフォロースルーで左に体重を移動します。

ただ、左に体重をどこまでも移動すると、締まりのないスイングになってしまい、クラブのしなりを使えず、ボールは飛びません。

それを防ぐには、左側に壁を作って左の腰、膝、踵をぶつけるイメージで体の動きを止めると、反動でスイングは前方へ加速して、ボールに当たります。

クラブのしなりも手伝って、自分では想像できないような当たりが出ます。

このとき、クラブヘッドのスィートスポットでボールを捉える必要がありますから、ここは練習で感覚を掴みます。

絶対に力まずに、深呼吸をして、クラブヘッドが走らせることを意識してください。

しっかり、ボールを捉えてスイングできれば、飛ばないはずのボールは綺麗に飛んでくれます。

これで、自信をもってスイングできるようになりますので、ゴルフの上達は間近ですよ。






ゴルフがもっと上手くなりたい人へ
ゴルフが驚くほど上達する練習教材
✓スコアが100切れない
✓飛距離が中々出ない
✓本を読んでも、プロから指導を受けても上達しない
✓コースに出ると全然スコアが伸びない

そんなアナタにおすすめなのが、 「ゴルフが驚くほど上達する練習教材」 です。

ゴルフが驚くほど上達する練習教材は、 元プロゴルファーやティーチングプロ などが監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にゴルフが上達 することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のゴルフが上達する練習教材を紹介します。
7日間シングルプログラム

5ラウンド以内に80〜90台のスコアを!!
このプログラムはジャパンゴルフツアーに出場する現役のプロゴルファーの小原大二郎氏 が教える7日間で100を切り、安定的に80〜90台のスコアを出すための練習方法です!!

短い時間で成果が出るから忙しいアマチュアゴルファーにぴったりです!

しかも5ラウンド以内に80〜90台のスコアが出なければ、返金保証がついているので、安心して取り組めます!