ゴルフのスイングは体の近くを通っていくので、初心者の方はとても窮屈なスイングに感じると思います。

体の遠くをクラブが通ってくると、ボールに力が加わりにくく、またクラブフェースが開いて入ってしまいスライスになってしまいます。

体の近くを通るためには、右脇が閉まった状態でクラブを引き上げると思います。

右脇が閉まっていると、自然とインサイドにクラブが引けています。




インサイドからクラブが入ってくると、インパクトで自然と右手が伸びてきて、クラブフェイスが返ります。

このクラブフェイスが返ることがフェイスローテーションといい、ボールにしっかりと力が加わり強い弾道のボールを打つことができます。

力いっぱいクラブを振っていても、アウトサイドにクラブが上がっているとインパクトでクラブフェイスが返らず、力のないボールが飛び出していきスライスになってしまいます。


1.フェイスローテーションができると飛距離が安定

フェイスローテーションができていると、まず飛距離が今までより伸びるのと、力強い弾道のボールを打つことができます。

アプローチなどではフェイスを返さない打ち方をする場合もありますが、初心者の時はまずはフェイスローテーションを意識して練習してください。


2.自分の飛距離を把握する

フェイスローテーションができてきたら、自分の飛距離を把握してください。
自分のクラブの飛距離を把握しておくことは、コースでのスコアアップには必須条件になります。

これができていると上達も早いです。

1つの番手で、100%のフルショット、70%のショット、50%のハーフショットと何パターンか把握しておくことをお勧めします。


3.ゴルフコースでは70%で

ゴルフコースでは、70%のショットを心がけてください。

どのクラブでも、100%のフルショットを打ち続けていくことは難しいです。

70%のショットを打つことで、ナイスショットの確率が上がります。

100%のフルショットの場合、ヘッドダウンやアウトサイドにクラブが上がってしまう確率が上がります。

確実にミスショットが生まれてしまうため、70%のショットを心がければ、落ち着いてプレーをすることができるでしょう。

フルショットは焦りをうみ、焦りがミスになり、ミスが続いてしまいます。

これではいつまでたっても上達しません。

飛ばしたければなおさら、力を抜いたスイングでクラブフェイスの真芯に当てることを心がけましょう。力を入れた時より飛距離が出ていると思います。






ゴルフがもっと上手くなりたい人へ
ゴルフが驚くほど上達する練習教材
✓スコアが100切れない
✓飛距離が中々出ない
✓本を読んでも、プロから指導を受けても上達しない
✓コースに出ると全然スコアが伸びない

そんなアナタにおすすめなのが、 「ゴルフが驚くほど上達する練習教材」 です。

ゴルフが驚くほど上達する練習教材は、 元プロゴルファーやティーチングプロ などが監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にゴルフが上達 することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のゴルフが上達する練習教材を紹介します。
7日間シングルプログラム

5ラウンド以内に80〜90台のスコアを!!
このプログラムはジャパンゴルフツアーに出場する現役のプロゴルファーの小原大二郎氏 が教える7日間で100を切り、安定的に80〜90台のスコアを出すための練習方法です!!

短い時間で成果が出るから忙しいアマチュアゴルファーにぴったりです!

しかも5ラウンド以内に80〜90台のスコアが出なければ、返金保証がついているので、安心して取り組めます!