ゴルフスイングを教わる時にチャーシューメンのテンポで打つように言われたことありませんか?

昔の漫画で、「明日天気になあれ」という漫画があり、主人公の向井太陽がアマチュアゴルファーからプロゴルファーになっていく過程を描いた漫画です。

ここで、ゴルフスイングのタイミングを計るのが「チャーシューメン」なのです。

このテンポは絶妙で、チャーシューメンとゆっくりとしたテンポでスイングすることで、打ち急ぎを防いでくれます。




チャーでクラブを始動させていき、シューでトップでのタメを作ります。ダウンスイングに入り、メーンとインパクトでクラブフェイスを返しボールにコンタクトさせる。

このタイミングで打つことで、ミスショットを防いでくれるのです。


1.自分のスイングに合う何かを見つけて

チャーシューメ-ンはお勧め単語ですが、他の単語でもいいです。

リズムとタイミングが大事で、123でもいいです。

このようにリズムを取ることによって、トップでのタメができ、切り返しのタイミングなどを大事にすることができます。

タイミングのずれが、ミスショットにつながりますので、調子を崩してきたらチャーシューメンを口ずさむのも一つの手です。


2.スムーズなスイングで

ナイスショットを打つにはスムーズなスイングでないとヘッドが走らないので、力強い球を打つことができません。

飛距離も一定にならずスコアをまとめることができません。


3.テンポとリズム

ゴルフスイングではテンポとリズムが大事です。

ナイスショット産みだすにはこれがないとでてきません。

テンポが早くなると必ずミスショットになります。

初心者の方はテンポとリズムが早くなりがちです。

「打ち急いでる」なんて言葉をよく言われませんか?

ゆっくりしたテンポとリズムでもしっかりボールは飛んでいきますから、焦らず自分のテンポとリズムで打つことを心がけてください。

コースに出ると、ミスが出始めるとこのテンポとリズムが早くなってしまいがちです。

上達してくると、ゆっくりと打つことができてくるようになりますが、初めのうちはコース内を走ったりして、自分を見失いがちです。

自分の打つ番になったら、深呼吸してゆっくりと素振りをし、テンポとリズムを思い出してください。

一度でもこの感覚を掴めば上達してくると思います。

何より、ゴルフは楽しんでプレーすることが大切ですが、スコアが上がればゴルフをもっと好きになると思います。






ゴルフがもっと上手くなりたい人へ
ゴルフが驚くほど上達する練習教材
✓スコアが100切れない
✓飛距離が中々出ない
✓本を読んでも、プロから指導を受けても上達しない
✓コースに出ると全然スコアが伸びない

そんなアナタにおすすめなのが、 「ゴルフが驚くほど上達する練習教材」 です。

ゴルフが驚くほど上達する練習教材は、 元プロゴルファーやティーチングプロ などが監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にゴルフが上達 することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のゴルフが上達する練習教材を紹介します。
7日間シングルプログラム

5ラウンド以内に80〜90台のスコアを!!
このプログラムはジャパンゴルフツアーに出場する現役のプロゴルファーの小原大二郎氏 が教える7日間で100を切り、安定的に80〜90台のスコアを出すための練習方法です!!

短い時間で成果が出るから忙しいアマチュアゴルファーにぴったりです!

しかも5ラウンド以内に80〜90台のスコアが出なければ、返金保証がついているので、安心して取り組めます!