皆さんはゴルフのスイングにおいてカメラで撮影をしていますか?多くのプロゴルファーをはじめ、スイング撮影を実践しています。ゴルフにおいて自分のスイングをカメラで撮影することは多くのメリットがあり、今回は2つのメリットについて書きたいと思います。


1.自分のスイングを理解できる

1つ目のメリットとして、カメラで撮影することは自分のスイングを理解出来るということです。

スイング撮影するということはゴルフにおいて特に重要なことです。




カメラで撮影し、チェックをすることは多くの上手いゴルファーが実践し、これはプロゴルファーも同じことです。

横からのスイング、また後ろからのスイングを撮影することが大切です。

撮影する理由として、自分のスイングというものは、頭で理解しているのと、カメラから客観的に見た場合とでは理想とかけ離れてることが多いからです。

特にスイング撮影をしていて自分のスイングとかけ離れているポイントとして多いのは、自分のスイングにおいてトップの位置が自分の理想とは違っているということが挙げられます。

多くのゴルファーはトップの位置が思っているよりも高い位置にあるので、スイングの撮影をした場合はその点に注意してスイング撮影をしてみてください。

このようにスイング撮影をすることで自分のスイング特徴を理解し、改善できるのでスイング撮影をすることは非常に大切です。


2.調子の良いときと悪いときのスイングの違いがわかる

ゴルフというものは日々、調子の浮き沈みがあり、調子の悪い日ももちろんあると思います。

その調子の悪い日にカメラでスイング撮影をした場合、その原因が分かる可能性が高くなるということ、それが2つ目のメリットです。

そして、スイング撮影において大切なことは練習において毎回撮影をするということです。

必ず、調子の悪い日は原因があると思うので、そのスイングを調子の良いときのスイングを比べてみてください。

それを続けることで調子の悪い日の自分のスイングの特徴がパターン化されていくと思います。

そのパターンが見えてくれば、ラウンドに出た際もその場で自分のショットを分析し、自分で修正が出来ると思います。

もし、ラウンド中に自己修正が出来た場合は自分のスイングというものを理解し尽くせたということであると思います。

そして、自己修正というものが出来るということを最終目標にして、皆さんも自分のスイングというものをカメラで撮影してみてください。

このことが、ゴルフ上達において近道であり、自己修正が出来たとき、あなたはゴルフのスコアがアップしていると思います。






ゴルフがもっと上手くなりたい人へ
ゴルフが驚くほど上達する練習教材
✓スコアが100切れない
✓飛距離が中々出ない
✓本を読んでも、プロから指導を受けても上達しない
✓コースに出ると全然スコアが伸びない

そんなアナタにおすすめなのが、 「ゴルフが驚くほど上達する練習教材」 です。

ゴルフが驚くほど上達する練習教材は、 元プロゴルファーやティーチングプロ などが監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にゴルフが上達 することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のゴルフが上達する練習教材を紹介します。
7日間シングルプログラム

5ラウンド以内に80〜90台のスコアを!!
このプログラムはジャパンゴルフツアーに出場する現役のプロゴルファーの小原大二郎氏 が教える7日間で100を切り、安定的に80〜90台のスコアを出すための練習方法です!!

短い時間で成果が出るから忙しいアマチュアゴルファーにぴったりです!

しかも5ラウンド以内に80〜90台のスコアが出なければ、返金保証がついているので、安心して取り組めます!