ゴルフのスイングの時に、息を吸うのか吐くのか止めるのか、まじめに考えたゴルファーは少ないのではないでしょうか。

自分も長年ゴルフをやっていて、しばらくは、呼吸を意識したことが無かったです。

プロゴルファーの意見を調べても、吸う、吐く、止めるというのはいろいろな意見がありました。

ゴルフのスイングは、ほんの数秒の作業ですから、あんまり意識しなくてもと考える人が多いように思います。

しかし、ゴルフというのは、大変デリケートな作業です。

体の使い方を少し変えただけで、ナイスショットが打てなくなったりします。




そこで、ゴルフのスイングの上達のためにも、今回は呼吸法についてお話ししたいと思います。 


1.ゴルフスイングと呼吸の関係について

プロゴルファーでも、呼吸の仕方が、いろいろな方法とっている方がいます。

それには、なるほどどいう理由がありますから、自分で納得できる方法を見つけて試して見られたらいいでしょう。

ひっとしたら、スコアアップにつながって、ゴルフの上達を実感できるかもしれません。


1.ゴルフスイングの呼吸法(1)

ゴルフスイング中の呼吸について、かなり昔のプロゴルファーは次のように言っていました。

テイクバックで息を吸って、打つ瞬間に強く吐くというものです。

これは、強いショットを意識した呼吸法のようで、例えば剣道で相手を打つ瞬間、大きな声で気合を発しますね。

これにより、通常より強い力を体の中に発生させるという事なのでしょう。


2.ゴルフスイングの呼吸法(2)

少し世代の前のプロゴルファーでは、次のように言っている方がいました。

まず、アドレス時に息を吸って3秒ぐらいかけて吐くと心身がリラックスする。

スイング中は、一瞬なので呼吸はしていないというものでした。

確かに、一理ある方法に思えますね。


3.ゴルフスイングの呼吸法(3)

最近のプロゴルファーの中には、スイング中の呼吸法について、こう言っている方がいます。

まず、ボールを前にしてアドレスを取ったとき、軽く息を吐きます。

ここで、気持ちのリラックスを図り、スイングに集中できる環境を作ります。

次に、テークバックの時は息を吸い込みます。

これから打つぞという、準備をしているわけですね。

そして、ダウンスイングの時に、息を吐くというものです。

ただ、ここではボールを打つ瞬間に強く吐くのではなく、ダウンスイングに入ったときに長ーくゆっくり息を吐くというものです。

一気に吐かないのは、力みを防止するためで、息をゆっくり吐いてる状態だと、確かに力めませんね。

普段から、ゆっくり息を吐いてボールを打つ練習をしていれば、コースでも力み防止になるかもしれません。

ゴルフのスイング中の呼吸は、どうやらどのタイミングで、どのように息を吐くかが重要に思えます。

プロゴルファーの意見を参考にしていただいて、自分にあった呼吸法を身に着けてください。

それにより、より理想的なスイングに近づければ、ゴルフ上達が見えてくるかもしれません。






ゴルフがもっと上手くなりたい人へ
ゴルフが驚くほど上達する練習教材
✓スコアが100切れない
✓飛距離が中々出ない
✓本を読んでも、プロから指導を受けても上達しない
✓コースに出ると全然スコアが伸びない

そんなアナタにおすすめなのが、 「ゴルフが驚くほど上達する練習教材」 です。

ゴルフが驚くほど上達する練習教材は、 元プロゴルファーやティーチングプロ などが監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にゴルフが上達 することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のゴルフが上達する練習教材を紹介します。
7日間シングルプログラム

5ラウンド以内に80〜90台のスコアを!!
このプログラムはジャパンゴルフツアーに出場する現役のプロゴルファーの小原大二郎氏 が教える7日間で100を切り、安定的に80〜90台のスコアを出すための練習方法です!!

短い時間で成果が出るから忙しいアマチュアゴルファーにぴったりです!

しかも5ラウンド以内に80〜90台のスコアが出なければ、返金保証がついているので、安心して取り組めます!