ゴルフのショットの成功は、グリップの握り方とアドレスでほぼ決まります。この二つを安定させられれば気持ちのいいショットができるのです。

まずはこの二つにこだわってください。いくらスイングが理想的でもグリップやアドレスが安定しない方は、ショットもバラバラになります。

今回は初心者が覚えておきたいゴルフのスイングの基本についてお伝えします。





1.バックスイング

グリップの握り方を確認し、目標とボールに向けてアドレスが決まったら、いよいよスイングになります。クラブを振ってボールを飛ばすわけです。

スイングの基本は、構えたらバックスイング(振りかぶる)、トップでややためて、ダウンスイング(振りおろす)、ボールにインパクトして、フォロースルー(振り切る)といった順番になります。

バックスイングは使用するクラブによって動きが変わります。ドライバーやロングアイアン・ミドルアイアンは体を回してクラブをあげます。ショートアイアンのアプローチやバンカーショットでは手首のコックでクラブをあげます。

ゴルフは基本、手の動きだけでスイングすることはありません。まずは体を右に回してクラブをあげていくことから練習メニューに取り入れてください。


2.ダウンスイング

「イチ・ニのサーン」のタイミングでスイングをしましょう。ゴルフの初心者はまずは気持ちよく振りぬくことを考えてスイングしてください。

「イチ・ニ」でバックスイングからトップの位置へ、「の」でややトップの位置をキープしてためを作ってから「サーン」で振る感覚です。最初はそんなの力を入れず、タイミングよく、しっかりボールを見て振り切ってください。

慣れてくるとバックスイングはゆっくりなのに、ダウンスイングが物凄く早くなってくることがあります。だいたい手打ちになります。ダウンスイングはむしろゆっくりぐらいがちょうどいいです。

ゴルフのスイングで一番大切にしてほしい基本は、下半身をしっかり使ったスイングをすることです。手打ちのゴルフをいくら練習しても上達はしません。

そのためにもダウンスイングは、腰を回転させてからそれに腕がついてくるようなスイングの練習メニューを常に意識してください。

脇が開くと腕と体が離れて手打ちのような状態になりやすくなりますので注意してください。


3.フォロースルー

ゴルフのスイングはフィニッシュの形も大切です。最初は綺麗にボールに当てることも難しいですが、仮にミスショットでもしっかり振り切ってフィニッシュの形までたどり着きましょう。一連の流れを最後までやり抜くことでタイミングもわかってきます。






ゴルフがもっと上手くなりたい人へ
ゴルフが驚くほど上達する練習教材
✓スコアが100切れない
✓飛距離が中々出ない
✓本を読んでも、プロから指導を受けても上達しない
✓コースに出ると全然スコアが伸びない

そんなアナタにおすすめなのが、 「ゴルフが驚くほど上達する練習教材」 です。

ゴルフが驚くほど上達する練習教材は、 元プロゴルファーやティーチングプロ などが監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にゴルフが上達 することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のゴルフが上達する練習教材を紹介します。
7日間シングルプログラム

5ラウンド以内に80〜90台のスコアを!!
このプログラムはジャパンゴルフツアーに出場する現役のプロゴルファーの小原大二郎氏 が教える7日間で100を切り、安定的に80〜90台のスコアを出すための練習方法です!!

短い時間で成果が出るから忙しいアマチュアゴルファーにぴったりです!

しかも5ラウンド以内に80〜90台のスコアが出なければ、返金保証がついているので、安心して取り組めます!