レイトヒットができるようになると、ゴルフ初心者はすでに卒業したといえます。

力に頼らずに、自然なパワーショットが可能です。

レイトヒットは腕や手首の動きよりも、下半身を軸にした回転が重要です。

遠くまで飛ばそうと思って力んでクラブを振らなくても、飛距離が伸びます。

今回は「ゴルフのレイトヒットが上達する練習メニュー」をご紹介します。

レイトヒットを練習メニューに加えて、ぜひマスターしましょう。


1.レイトヒットの時の体の使い方

トップスイングで体をしっかり捻ります。

ダウンスイングで腰のターンを先行させます。上体や腕は遅れてダウンスイングの体勢に入ります。




下半身よりワンテンポ遅らせる感じで体を使いスイングします。


2.「タメ」て打つ

レイトヒットと「タメ」は深く関係しています。

プロの説明によっては、同じ扱いになっています。
以前、ゴルフの練習でダウンスイングの際にティーチングプロから「もっとタメをつくってから打つんだよ」と指導されたことがあります。

タメとはコックをギリギリまで解かずにクラブヘッドを遅らせてインパクトで一気に解くことで飛距離をアップさせることです。

先ほどの下半身リードによるレイトヒットも、コックをギリギリまで解かずに行う「タメて打つ」というのも、ヘッドが遅れてインパクトで一気に力を放つことをいいます。


3.タメを感覚で理解する練習

タメの意味がわからなければ、いくら練習してもわからないままです。

タメを感覚で理解してみましょう。

段差や壁、なんでも良いのですが、障害物になる物の前でアドレスし、アイアンのヘッドをその障害物に押し付けて、手が少し前に来ている感覚を味わってみましょう。

練習用ネットのような、振り抜いてもクラブを痛めない物の前で素振りをする方法もあります。

ネットの前でアドレスし、体を回転させてスイングしてみましょう。手首のコックはギリギリまで解かないで振りぬきます。

これでタメの感覚がつかめてくると思います。


4.レイトヒットは右ひじがポイントになる

腰を回転させダウンスイングギリギリまで、右ひじを体から離さないようにしましょう。

右ひじを右わき腹にくっつけます。
右ひじを地面に向けるイメージで行うと良いです。


5.振り遅れる勇気を敢えて持って取り組む

下半身リードのスイングに慣れるまでは、かなり時間を要するかもしれません。
腰がダウンスイングにうつったとき、手が遅れているので自然にコックの角度をキープしたまま腰はインパクト、フォロースルーと移っていきます。

この状態でも腕を腰の動きについてこさせようという気持ちを抑えて、振り遅れた状態で腰を回転させていきます。

とにかく下半身先行で、腕は後からついてくることを信じて、しっかり腰を回していくことがコツです。

とても難しいのですが、これを何度も素振りで練習すると、体感して理解できるようになります。

ゴルフで重要な動きは繰り返しになりますが、下半身の動きが特に重要です。

まずはしっかり下半身の使い方を、練習メニューをこなしてマスターしましょう。

すぐにマスターできるものではありませんが、何度も繰り返し練習してみてください。

レイトヒットができるようになれば、ゴルフ初心者を卒業です。

練習メニューに取り入れて、しっかり頑張ってください。






ゴルフがもっと上手くなりたい人へ
ゴルフが驚くほど上達する練習教材
✓スコアが100切れない
✓飛距離が中々出ない
✓本を読んでも、プロから指導を受けても上達しない
✓コースに出ると全然スコアが伸びない

そんなアナタにおすすめなのが、 「ゴルフが驚くほど上達する練習教材」 です。

ゴルフが驚くほど上達する練習教材は、 元プロゴルファーやティーチングプロ などが監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にゴルフが上達 することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のゴルフが上達する練習教材を紹介します。
7日間シングルプログラム

5ラウンド以内に80〜90台のスコアを!!
このプログラムはジャパンゴルフツアーに出場する現役のプロゴルファーの小原大二郎氏 が教える7日間で100を切り、安定的に80〜90台のスコアを出すための練習方法です!!

短い時間で成果が出るから忙しいアマチュアゴルファーにぴったりです!

しかも5ラウンド以内に80〜90台のスコアが出なければ、返金保証がついているので、安心して取り組めます!