ゴルフスイングで重要なのは、ボディーターンを使い体全体でボールを打っていくことです。

体を使わずに、手打ちになると思うような飛距離を出すことができないし、力のないスライスボールやチョロチョロとしたフックボールなど、目標方向にボールを運ぶことができません。

ボディーターンを意識すると自然と左腰をインパクト直前に切っていくと体が目標方向に向きます。

左腰が切れていれば自然とボディーターンが出来て手打ちにはなりません。




ですが、初心者の方や、長い間ゴルフをやっていても上手くならない人は大抵ボディーターンが出来てなく、手打ちスイングになっています。

練習場では平らなところでボールを打てるので、必ずボディーターンをしてスイングしてください。


1.ライによっては手打ちで脱出

コースに出ると、いろいろなライに出くわします。

右足上がり、左足上がりなど「どうやって打つの?」なんてところも出てきます。

傾斜地など普通のスイングができないライでは、逆に手打ちスイングでいいライに脱出させましょう。

距離を求めず、いいライに戻すことだけを心がけましょう。

傾斜地から、普通のスイングをしようとすると不安定な体勢でミスショットを生みがちでフィニッシュで体勢が崩れてひっくり返ってしまったりして怪我をしてしまうかもしれませんよ。

臨機応変に対応してください。

無理しないことも上達への第一歩です。


2.手打ち矯正

初心者で手打ちになってしまっている時に試してもらいたいのは、クラブを短く握り、ハーフショットで距離を求めず、ボディーターンを意識して練習すると体に染み付いてくると思います。

ハーフショットの練習は、ボールにフェイスをコンタクトする感覚も覚えられるので上達
する上で是非やってほしい練習です。

またグリーン周りのアプローチでは、手打ちになりがちです。

カップまでの距離がないことで、手打ちになりがちなのですが手打ちになると、トップやダフリが出てきますので要注意です。


3.アプローチでもボディーターンを忘れずに

アプローチの練習でも必ずボディーターンを忘れないで練習してください。

アプローチでもゆっくりとしたスイングを心掛けてください。

ころがしのアプローチをする場合は、パタースイングで手首を使わないでショットをしてください。

手首を使ってしまうと手打ちスイングになりますので、思わぬ距離が出てしまいます。

まず手打ちのスイングをしている人で上手い人はいないので早く手打ちスイングから脱出しワンランク上のゴルフを目指しましょう。






ゴルフがもっと上手くなりたい人へ
ゴルフが驚くほど上達する練習教材
✓スコアが100切れない
✓飛距離が中々出ない
✓本を読んでも、プロから指導を受けても上達しない
✓コースに出ると全然スコアが伸びない

そんなアナタにおすすめなのが、 「ゴルフが驚くほど上達する練習教材」 です。

ゴルフが驚くほど上達する練習教材は、 元プロゴルファーやティーチングプロ などが監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にゴルフが上達 することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のゴルフが上達する練習教材を紹介します。
7日間シングルプログラム

5ラウンド以内に80〜90台のスコアを!!
このプログラムはジャパンゴルフツアーに出場する現役のプロゴルファーの小原大二郎氏 が教える7日間で100を切り、安定的に80〜90台のスコアを出すための練習方法です!!

短い時間で成果が出るから忙しいアマチュアゴルファーにぴったりです!

しかも5ラウンド以内に80〜90台のスコアが出なければ、返金保証がついているので、安心して取り組めます!