ゴルフのスイングにおいて、ドローを打ちたいというゴルファーは数多くいると思います。

ドローボールには多くのメリットやラウンド中に使わなければいけない場面がよく来ると思います。

その、ドローボールを打つためには、いくつか、練習方法があります。

今回はその練習方法を書いていきたいと思います。


1. ドローを打つためには右手の力を抜くこと

ドローというものを打つためには、色々技術が必要であり、そのゴルファーのスイングを見なければならないです。




そのドローを打てない理由として特に多いのがスライスボールになってしまうことです。

ドローを打てない理由として多いのがヘッドが真っ直ぐに当たらず、スライス回転になってしまうからです。

このスライス回転をドロー回転にすることが出来ればドローボールを打てるようになります。

そのためにはスイングのとき、右手の使い方がとても重要になってきます。

スライス回転のボールを打つゴルファーの多くは右手に力が入りすぎてしまい、インパクト時に右手で押し込んでしまいます。

これが右手の力みというものです。

ドローを打てるゴルファーはこの右手の使い方がとても上手いです。

右手に余計な力が入らずにヘッドが返った状態でしっかり当てることが出来るためドローを打てるということです。

このヘッドを返すことはドローボールを打つことにも繋がりますし、しっかりと捕まったボールが打てるというメリットもあるので右手の使い方を上手く使えるように練習してみてください。


2. ドローを打つためにはスウェーをしないこと

次にドローを打てない人の特徴として、多くがスウェーをしています。

このスウェーをしている人もヘッドが返ってきた状態じゃないときはスライス回転が掛かっていると思います。

このスウェーもドローを打つためにはしてはいけません。

このスウェー対策としては、左脚を開かないこと、スイングをするときに左に壁をつくり、打つときもカラダが開かないようにすることが大切です。

そうするとカラダが開かないため、しっかりとドロー回転が掛かり、良いドローボールを打てるようになると思います。

このドローボールを打てるようになるためにはこのような練習が必要です。

初めは引っ掛けで左にいくことが多いと思いますが、練習を繰り返していけば綺麗なドローボールを打てるようになると思います。

右手の使い方、スウェーしないことを意識して練習をしてみてください。

そうした意識をもって練習を繰り返していけばドローボールが打てるようになり、それを打ち分けられるようになると私は思います。






ゴルフがもっと上手くなりたい人へ
ゴルフが驚くほど上達する練習教材
✓スコアが100切れない
✓飛距離が中々出ない
✓本を読んでも、プロから指導を受けても上達しない
✓コースに出ると全然スコアが伸びない

そんなアナタにおすすめなのが、 「ゴルフが驚くほど上達する練習教材」 です。

ゴルフが驚くほど上達する練習教材は、 元プロゴルファーやティーチングプロ などが監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にゴルフが上達 することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のゴルフが上達する練習教材を紹介します。
7日間シングルプログラム

5ラウンド以内に80〜90台のスコアを!!
このプログラムはジャパンゴルフツアーに出場する現役のプロゴルファーの小原大二郎氏 が教える7日間で100を切り、安定的に80〜90台のスコアを出すための練習方法です!!

短い時間で成果が出るから忙しいアマチュアゴルファーにぴったりです!

しかも5ラウンド以内に80〜90台のスコアが出なければ、返金保証がついているので、安心して取り組めます!