ゴルフを行う上で、大事なこととしてアプローチがありますがプロのアプローチを見てみるとスピンをかけている事も多く1ランク上の方法と言えます。

初心者でも練習すればスピンをかけることが出来るので上達することを目指すと良いですが、コツがあります。


1.スピンアプローチの構えについて

スピンアプローチを打つ場合は特別な構えが必要に思えますが、スピンアプローチの構えは転がして寄せるランニングアプローチと基本は同じと言えます。




クラブを短く持ち、ボール位置は右足の前に構えます。

クラブフェースは開きぎみにスタンスは狭く、ややオープンに手はハンドファーストを意識すると良いと言えます。

スピンアプローチの構えとランニングアプローチの構えの違う点は、ゴルフボールを右足の前に置く事とフェースをやや開きぎみにする点と言えます。


2.スピンアプローチの打ち方

スピンアプローチを打ちたいときのクラブは、より回転がかけやすいサンドウェッジを選ぶことが前提になります。

スピンアプローチには、ボールを右足前に置き、フェースを開いて構えて、ハンドファーストに構えた右手首は角度をキープします。

ヘッドを鋭角に入れて、インパクトは素早く振り抜くことを心がけると良いです。


3.スピンアプローチにはボールが大事

テクニックもアプローチには大事ですが、スピン系と呼ばれるウレタン製カバーのボールでプレーすることが、スピンアプローチの名人になる最初の方法と言えます。

スピンポールを利用することに合わせてスピンアプローチの打ち方をマスターすることでプロのような綺麗なスピンアプローチが出来ます。


4.アプローチのスピンの練習について

ゴルフのアプローチショットでスピンがかかる理由はボールの回転に秘密があります。

回転の強弱は、ボールに接触する際のクラブフェース面積やヘッドスピードで決まります。

クラブフェースをオープンにすることで、フェースの溝とボールとが多く接触し、摩擦も大きくなりますのでスピン量が多くなり、ヘッドが早く動けば、強烈にスピンを入れることが出来ます。

瞬間的にグッとヘッドを押し込むイメージでショットするとスピンが入ると言えます。

イメージをしながらスピンアプローチの練習をすることが上達のカギと言えます。

アプローチはスピンをさせなくてもコンロールがあれば好スコアを狙えますが、スピンをかけてしっかりと止めるアプローチは華があり人気が高いと言えます。






ゴルフがもっと上手くなりたい人へ
ゴルフが驚くほど上達する練習教材
✓スコアが100切れない
✓飛距離が中々出ない
✓本を読んでも、プロから指導を受けても上達しない
✓コースに出ると全然スコアが伸びない

そんなアナタにおすすめなのが、 「ゴルフが驚くほど上達する練習教材」 です。

ゴルフが驚くほど上達する練習教材は、 元プロゴルファーやティーチングプロ などが監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にゴルフが上達 することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のゴルフが上達する練習教材を紹介します。
7日間シングルプログラム

5ラウンド以内に80〜90台のスコアを!!
このプログラムはジャパンゴルフツアーに出場する現役のプロゴルファーの小原大二郎氏 が教える7日間で100を切り、安定的に80〜90台のスコアを出すための練習方法です!!

短い時間で成果が出るから忙しいアマチュアゴルファーにぴったりです!

しかも5ラウンド以内に80〜90台のスコアが出なければ、返金保証がついているので、安心して取り組めます!