厄介な障害物でしられるバンカーですが、グリーン周辺に多くアプローチがとても大事になり、バンカーショットはゴルフの上達には欠かせないポイントと言えます。

バンカーショットは、基本的に砂を爆発させてボールを飛ばすエクスプロージョンショットをするのですが、アドレスの仕方を知ることが大切です。

バンカーショットにはサンドウェッジを使う事が一般的ですが、サンドウェッジの特徴を生かすエクスプロージョンショットが出来ます。





1.バンカーショットのアドレス

バンカーショットはアドレスで決まるとも言えますが、最初はフェースを開く事から始まります。

ボールを上げるためにサンドウェッジのバウンス部分を使うので、しっかりとフェースを開く必要があります。

フェースを開き、改めてグリップし直すことが大切で、フェースを開く事がしにくいゴルフ初心者は、練習で地面にソールしたクラブでフェースを思い切り空を向ける程に開くと良いです。

バンカーショットに限らずスタンスの方向はフェースの開き具合と密接に関係している事になりますが、フェースを開くとスタンスもオープンスタンスになります。

ボールの高さやピンの距離によって変わってくるのですが、フェースを開きオープンスタンスにして打つ必要はないので、ボールを高く上げる必要がないのであれば、スクエアスタンスでも良いです。

スタンスを固める事も大事で、スタンスが決まったら砂の中に足元を埋めます。

バンカーショットを行なう際に足元が滑ってぐらついたりすることを防いでくれます。

場合によっては、左足だけをしっかりと砂に埋めることでクラブヘッドを砂に打ち込めるアドレスを取る場合もあります。


2.バンカーショットの基本

バンカーショットの場合には、ボールをバンカーの外に運ぶことが目的なので、ボールを上げることが第一です。

ボールを上げるには、ボールの下の部分にクラブヘッドを入れる必要があり、サンドウェッジの特性で砂を飛ばすことができます。

バンカーショットでは、トップでグリップを左手首を甲側に折るゴルファーもいますが、出来る限りフェースを開くことになりインパクトではフェースを被せならが打つという高度な技術になります。

バンカーショットで基本的には、出来るだけアップライトに振り上げボールの手前にところにクラブヘッドを打ち込むことが大切です。






ゴルフがもっと上手くなりたい人へ
ゴルフが驚くほど上達する練習教材
✓スコアが100切れない
✓飛距離が中々出ない
✓本を読んでも、プロから指導を受けても上達しない
✓コースに出ると全然スコアが伸びない

そんなアナタにおすすめなのが、 「ゴルフが驚くほど上達する練習教材」 です。

ゴルフが驚くほど上達する練習教材は、 元プロゴルファーやティーチングプロ などが監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にゴルフが上達 することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のゴルフが上達する練習教材を紹介します。
7日間シングルプログラム

5ラウンド以内に80〜90台のスコアを!!
このプログラムはジャパンゴルフツアーに出場する現役のプロゴルファーの小原大二郎氏 が教える7日間で100を切り、安定的に80〜90台のスコアを出すための練習方法です!!

短い時間で成果が出るから忙しいアマチュアゴルファーにぴったりです!

しかも5ラウンド以内に80〜90台のスコアが出なければ、返金保証がついているので、安心して取り組めます!