前回お伝えしたように、アプローチの上達がゴルフの劇的なスコアアップにつながります。

プロのツアーを観にいくと、10ヤードの距離をフルショットできっちり打ち上げて、スピンをかけて止めるといった凄まじい技術を目の当たりにしますが、ゴルフの初心者はまずは易しい基本となるアプローチの練習を繰り返していきましょう。

今回はアプローチの基本となる練習メニューです。





1.パターのように打つ

これは私が若い頃、ゴルフ場であまりにアプローチが下手なのを見かねた一緒にいたキャディーさんからのアドバイスです。難しいことを考えず、パターのように地面と平行に振る。言われて意識してやってみると確かに上手くいきました。

自宅でパターの練習をしている方も多いと思いますが、同じ感覚でアプローチの練習もできます。ゴルフのハンデがシングルの叔父はいつも自宅の庭で練習していますが、部屋でパターマットを使用して練習することも可能です。

アプローチで一番大切な距離は5~20ヤードになります。理由は実際にコースをまわってみるとわかりますが、グリーン周りのこの辺りの距離に落ちることが多いからです。

基本としては、2mくらいの距離をたくさん練習すると本番にすぐに活きてきます。ですからパターマットで十分ということになります。


2.しっかり振る

打ちっぱなしのゴルフの練習場にはだいたいアプローチの練習場も外にあるので、活用しましょう。

その際に意識してほしいことは、短い距離になればなるほど、手打ちになりがちですので気を付けてください。手だけでスイングしようとすると、ダフリやトップの原因にもなります。ドライバーやロングアイアンと同じように基本となる下半身主導のスイングを心がけてください。

飛び過ぎることを恐れてインパクトの瞬間にスイングを止めてしまう方も多いと思いますが、失敗する確率の方が高くなります。テイクバックした分だけフォロースイングもする。あとはどのくらいテイクバックすると、どのくらいの距離になるのか練習を繰り返しましょう。

ヘッドアップにも気を付けてください。最後までしっかりボールを見て、芯にあてることを意識するとナイスショットができます。


3.転がして乗せる

アプローチには様々な技があります。プロを目指すのならば話は別ですが、趣味でプレーするのであれば基本的なアプローチができれば十分です。一番簡単なのは転がして寄せることです。

ゴルフプロのツアーでは、オープンに構えてショットする方をよく観ますが、それは上げてアプローチする場合です。まずはスクエアに構えましょう。目標ラインに対して平行です。これが転がす場合のアプローチのアドレスになります。

転がす方が簡単なので、使用するクラブもロフトの小さい、9IやPWを使ったほうが最初はいいです。






ゴルフがもっと上手くなりたい人へ
ゴルフが驚くほど上達する練習教材
✓スコアが100切れない
✓飛距離が中々出ない
✓本を読んでも、プロから指導を受けても上達しない
✓コースに出ると全然スコアが伸びない

そんなアナタにおすすめなのが、 「ゴルフが驚くほど上達する練習教材」 です。

ゴルフが驚くほど上達する練習教材は、 元プロゴルファーやティーチングプロ などが監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にゴルフが上達 することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のゴルフが上達する練習教材を紹介します。
7日間シングルプログラム

5ラウンド以内に80〜90台のスコアを!!
このプログラムはジャパンゴルフツアーに出場する現役のプロゴルファーの小原大二郎氏 が教える7日間で100を切り、安定的に80〜90台のスコアを出すための練習方法です!!

短い時間で成果が出るから忙しいアマチュアゴルファーにぴったりです!

しかも5ラウンド以内に80〜90台のスコアが出なければ、返金保証がついているので、安心して取り組めます!