ゴルフではアプローチの基本の技術を磨く事がスコアの上達に繋がります。

アプローチショットは、グリーン周りからピンを狙う短距離用のゴルフスイングで、アプローチショットは飛球の方向と飛距離の正確性が最も大事です。


1.アプローチショットのスイングの基本

通常のゴルフスイングにおいて、バックスイング前半に用いるワンピーステイクバックと同じ方法で、ゴルフクラブをスイングします。




バックスイングから、フォロースルーまでゴルフクラブが芝をブラッシングしているのを手と耳で感じて下さい。


2.アプローチの基本的な構え方

グリップする位置はいつもより若干短く、両方の手がグリップの真ん中にくる程度に持つと良いです。

身長の低い方はもう少し短く持っても良いですが、逆に身長の高い方は短く持ちすぎないように注意する必要があります。

ボールはスタンスの中央に置き、右にボールを置き過ぎるとボールが低く出てランが増えて左に置き過ぎると逆にボールが高く出てキャリーが増えます。

スタンス幅は拳一つ分で、スタンス幅を狭く取る理由は、不必要な体重移動をしないためです。

アプローチショットでは余計な体重移動をするとミスショットを招きやすく距離をばらつかせる原因になります。

重心は左右均等にアプローチは非常にコンパクトなショットなので基本的に体重移動の必要がありません。

余計な体重移動は失敗を招くので、均等に重心をかけてしっかり保ちましょう

アプローチショットでは安定したボールの高さ、一定のスピンを作るためにハンドファーストの構えが大切です。

ハンドファーストの状態をつくるにはグリップエンドを左足付け根のまんなかに向けて左腕とシャフトが一直線になるように構える事が良いです。


3.アプローチで起きやすいミスと練習方法

アプローチのようなスコアに直結するコントロールショットは緊張も相まってミスが出やすいです。

アプローチで多いダフりとトップのミスについての理解をすると良いです。

アプローチでは、ボールのあった位置にソールをざっとこするようにスイングできればショットが決まるので、多少ダフってもいいという意識で、必要以上にダフりを意識しないこともポイントです。

アプローチでのミスを減らすのに、片足立ちで行うスイングが効果的で、片足立ち練習を行うことでふくらはぎを強く、スイング中のバランスアップと重心の位置を保つ安定感が養われます。






ゴルフがもっと上手くなりたい人へ
ゴルフが驚くほど上達する練習教材
✓スコアが100切れない
✓飛距離が中々出ない
✓本を読んでも、プロから指導を受けても上達しない
✓コースに出ると全然スコアが伸びない

そんなアナタにおすすめなのが、 「ゴルフが驚くほど上達する練習教材」 です。

ゴルフが驚くほど上達する練習教材は、 元プロゴルファーやティーチングプロ などが監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にゴルフが上達 することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のゴルフが上達する練習教材を紹介します。
7日間シングルプログラム

5ラウンド以内に80〜90台のスコアを!!
このプログラムはジャパンゴルフツアーに出場する現役のプロゴルファーの小原大二郎氏 が教える7日間で100を切り、安定的に80〜90台のスコアを出すための練習方法です!!

短い時間で成果が出るから忙しいアマチュアゴルファーにぴったりです!

しかも5ラウンド以内に80〜90台のスコアが出なければ、返金保証がついているので、安心して取り組めます!