ゴルフでは良いインパクトをするために、一連の動作を繰り返してると言っても良いぐらい、インパクトがゴルフボールの行方を左右します。

良いインパクトをする為にはアドレス作りをしっかり行い上達する事が肝要と言えます。


1.タメを生かす事

ゴルフでは強いインパクトが飛距離の結果に反映されます。

スイングの流れでタメを作り、全てのパワーをインパクトにぶつけることでゴルフの飛距離が伸びます。




ボールを体の位置のどの部分に置くか、ということでも変わってくるのでインパクトの位置を自分で把握していることが大事です。

十分にタメが作れていないと右手の返りが遅くなり、フェースが開いてパワーが出し切れてないままインパクトするのでスライスかゴルフボールの頭を叩いてトップになることが多いです。バックスイングでひねってできたタメをインパクトのところで出し切ることが、強く気持ちの良いインパクトを生みます。


2.体の上下動をなくすと良い

ゴルフの時にトップやダフりが多いのは、スイングの流れで体が上下して動いてインパクトしているからです。

減らしてゴルフでの気持ち良いインパクトを出すためには、打ち急がないことです。

当たらないということに意識が行き過ぎて、力んで早い振りで強く当てようと、ボールの位置で無意識に力が入りすぎてしまい、ダフりになったりあるいはボールの行方を見ようと急ぎすぎてヘッドアップになり、ボールの頭を叩いてしまいトップします。

少しゆっくりなスイングを心がけてアドレス作りから自分の心地よいリズムを探していきます。

ハーフスイングで打ってみたり、いろいろ試してみると自分のインパクトの位置も把握でき、スイング自体も自然に改善されて気持ちの良いインパクトができるようになります。


3.スイング軌道を見直す

ゴルフでのインパクトをスクエアの状態で迎えるには、スイング軌道のチェックが必要です。

スイングチェックは自分でやるには難しいですし、自分より上級者の人に見てもらうのがベストです。

インパクトした後、フェースでボールをグッと押す感覚が良いフォロースルーになり、ボールの飛球線とヘッドの軌道がほぼ一致した形が良いインパクトを作ります。

スイングの流れを利用した体の動きがゴルフの上達を早くし、反発力を利用することが一番強い力を生み出すと言えます。






ゴルフがもっと上手くなりたい人へ
ゴルフが驚くほど上達する練習教材
✓スコアが100切れない
✓飛距離が中々出ない
✓本を読んでも、プロから指導を受けても上達しない
✓コースに出ると全然スコアが伸びない

そんなアナタにおすすめなのが、 「ゴルフが驚くほど上達する練習教材」 です。

ゴルフが驚くほど上達する練習教材は、 元プロゴルファーやティーチングプロ などが監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にゴルフが上達 することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のゴルフが上達する練習教材を紹介します。
7日間シングルプログラム

5ラウンド以内に80〜90台のスコアを!!
このプログラムはジャパンゴルフツアーに出場する現役のプロゴルファーの小原大二郎氏 が教える7日間で100を切り、安定的に80〜90台のスコアを出すための練習方法です!!

短い時間で成果が出るから忙しいアマチュアゴルファーにぴったりです!

しかも5ラウンド以内に80〜90台のスコアが出なければ、返金保証がついているので、安心して取り組めます!