シャドースイングを練習で毎日行うと、打ちっぱなしで何百球ボールを打つよりもゴルフの上達が早くなります。

いつでもどこでもできる練習方法なので、上達のためにはぜひ日常生活に取り入れたい練習です。

シャドースイングにはクラブを持って鏡の前で行う練習方法と、何も持たずに腕だけを鏡の前でゆっくり振る練習方法があります。

シャドースイングは鏡を利用して正しく行う練習です。

この練習で、確実にゴルフが上達します。

「ゴルフが上達する鏡の前でのシャドースイングの練習方法」についてご紹介していきます。





1.シャドースイングの目的は正しいスイングをつくること

間違った姿勢ややり方で素振りを何百回とやったところで、ゴルフは上達しません。

また、シャドースイングはただの素振りではありません。

シャドートレーニングの目的は、正しい動きで正しいスイングをつくることと、体の軸をしっかり作ることの二つが挙げられます。

正しいアドレス・バックスイング・トップオブスイング・ダウンスイング・フォロースルー・フィニッシュ。

これらの動きを一つ一つゆっくり振って確認し、修正した動きを鏡で見ながら、体に覚えさせていきましょう。


2.シャドートレーニングをやってみよう

鏡の正面に立ちアドレスを作ります。

アドレスを確認しましょう

スタンスを決めて、直立状態からお辞儀をするように30度くらいに前傾しながら、膝を少し曲げます。


3.シャドートレーニングのチェックポイント

両足の拇指球に均等に体重を置いて立っていますか?

前傾姿勢のチェックをしましょう。

前のめりになりすぎていたり、背中が曲がっていたりしませんか?顎は引きましょう。

骨盤を意識し、背筋も無理なくまっすぐに伸ばします。

グリップはクラブを持っていればいつも通り握ります。

何も持っていなければ、両手のひらを合わせた後、少し離し、グリップを持っているような形にします。なので、右手右肩は少し下がった状態になります。

この姿勢は正面だけでなく、後方からも確認するようにしましょう。

アドレスからテークバック・テークバックからフィニッシュまで、頭が動いていないか・腰はスウェーしていないか・左膝が流れていかないかといったことを意識し、ゆっくりと素振りしてみましょう。


4.スイングの軸を安定させる

ゆっくりと素振りをすると、体のブレにも気づきやすくなります。

シャドースイングの最大の目的は、スイングの軸を安定させることです。

腰と膝の安定・肩の回転でスイングの軸は安定します。

シャドースイングではゆっくりとしたスイングを何回も繰り返しましょう。


5.アイアンを担いだシャドースイング

肩の回転をわかりやすくするには、アイアンを肩に担いだシャドースイングがオススメです。

アドレスした後アイアンを肩に担ぎ、バックスイングをするように肩を回します。

ダウンスイングで、重心を左足に移します。

フォロースルーは右肩を左に回します。これはスイング軸を安定させるために行います。

肩を伸ばして動かすので、ストレッチにもなります。

寒い日のウォームアップにもなりますよ。

ゴルフ上達のために、この練習をぜひやってみてください。






ゴルフがもっと上手くなりたい人へ
ゴルフが驚くほど上達する練習教材
✓スコアが100切れない
✓飛距離が中々出ない
✓本を読んでも、プロから指導を受けても上達しない
✓コースに出ると全然スコアが伸びない

そんなアナタにおすすめなのが、 「ゴルフが驚くほど上達する練習教材」 です。

ゴルフが驚くほど上達する練習教材は、 元プロゴルファーやティーチングプロ などが監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にゴルフが上達 することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のゴルフが上達する練習教材を紹介します。
7日間シングルプログラム

5ラウンド以内に80〜90台のスコアを!!
このプログラムはジャパンゴルフツアーに出場する現役のプロゴルファーの小原大二郎氏 が教える7日間で100を切り、安定的に80〜90台のスコアを出すための練習方法です!!

短い時間で成果が出るから忙しいアマチュアゴルファーにぴったりです!

しかも5ラウンド以内に80〜90台のスコアが出なければ、返金保証がついているので、安心して取り組めます!