皆さんはゴルフ用品店などで、シャフトの短い、練習用の重いクラブを見たことはありますか?

私はこの重いクラブを室内での練習に取り入れて毎日愛用していました。

ゴルフを上達させるために、重いクラブを使った練習は遠心力を感じやすく、同時に体幹の筋肉トレーニングもなるので、一石二鳥でした。

普段私がどのように重いクラブを取り入れて練習していたか、「ゴルフが上達する重いクラブを使った練習」をご紹介します。


1.重いクラブで練習する前に

まずこれは一番大事なことです。




しっかりと筋肉を温めて伸ばしておきましょう。

重いクラブの練習は筋肉を非常に使います。ぜひ忘れずに行ってください。


2.重いクラブで腹筋の強化

ゴルフを始めたばかりの頃は、普段使わない筋肉をあちこち使っていたり、無駄に力が入っていたりするので、すぐに疲れてしまい、スタンスが不安定になってしまうことが多かったです。

重いクラブを素振りで利用する練習は、筋力トレーニングのつもりで始めました。

腹筋を使ってテークバックの体制に入る練習にはとても有効でした。

一般的に行なわれている、体を寝かせた姿勢からの腹筋よりも長続きしますし、実際に使う場所の筋力トレーニングになり、大変役に立ちました。


3.重いクラブでゆっくりとしたフルスイング

重いクラブを用いて、ゆっくりとしたフルスイングを練習してみましょう。

かなりきついので、体力のない方は休み休み行うようにしてください。

バックスイングからトップまでゆっくりと上げましょう。

トップまで上げたら、右ひじを体に寄せ付けつつ、左足に軸を移し、インパクト手前までゆっくり下ろします。

インパクト手前で一度動きをストップし、インパクト・ゆっくりとフォロースルー・フィニッシュまでやってみましょう。

腕だけ動かすとこの動きは大変辛いので、結局体全体を使うことになります。

同時に、このゆっくりとしたフルスイングで、どこの筋肉を使っているのかを意識してみてください。


4.とにかくゆっくり振る

この練習では、早く振り抜きたい気持ちをひたすら我慢して数回行います。

腕ではなく、体全体を使う。特に体幹を意識して行うことで、ブレないスタンスがとれるようになります。

体幹が鍛えられた強いスタンスは、スイングの要です。

早く振り切り切ってしまいたい気持ちはしっかり我慢して、練習を繰り返してください。

この練習することで、だんだんとゴルフに必要な筋力が身についてきます。

ゴルフは激しいスポーツではありませんが、筋肉がつくと疲労に強くなり、プレーに集中できます。

少し辛いのですが、「継続は力なり」をしっかり心がければ、ゴルフの基礎体力も身につきます。

飛距離アップのために頑張ってください。






ゴルフがもっと上手くなりたい人へ
ゴルフが驚くほど上達する練習教材
✓スコアが100切れない
✓飛距離が中々出ない
✓本を読んでも、プロから指導を受けても上達しない
✓コースに出ると全然スコアが伸びない

そんなアナタにおすすめなのが、 「ゴルフが驚くほど上達する練習教材」 です。

ゴルフが驚くほど上達する練習教材は、 元プロゴルファーやティーチングプロ などが監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にゴルフが上達 することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のゴルフが上達する練習教材を紹介します。
7日間シングルプログラム

5ラウンド以内に80〜90台のスコアを!!
このプログラムはジャパンゴルフツアーに出場する現役のプロゴルファーの小原大二郎氏 が教える7日間で100を切り、安定的に80〜90台のスコアを出すための練習方法です!!

短い時間で成果が出るから忙しいアマチュアゴルファーにぴったりです!

しかも5ラウンド以内に80〜90台のスコアが出なければ、返金保証がついているので、安心して取り組めます!