ゴルフの練習をする際、必ずマットからボールを打つことになります。ゴルフにおいて芝からボールを打つのと、マットからボールを打つのは感覚が全く違います。そこで、マットの特徴、ゴルフ練習で失敗しないマットの使い方を書きたいと思います。


1.練習場のマットからボールを打つのは簡単

まず、練習場のマットの特徴からいきたいと思います。

ゴルフ練習場におけるマットはクラブのソールが滑るため、ダフりにくいです。

さらに、マット上で多少ダフってもボールはある程度は前に飛びます。




逆に、芝からボールを打つ際はクラブのソールがマットより滑らないので、ミスをすると芝に突き刺さります。

芝はマットと違ってダフるとボールが全く飛ばないため注意が必要です。

あまりダウンブローに打ち込むとダフりやすくなるので、芝から打つ際にマットとのギャップに苦労する方が多いです。

練習場ではダフらないのにコースでは凄くダフりやすくなるのはそれが原因です。

なので、マットはダフりにくく、簡単と認識しておくことが大事です。

言い換えると、マットでしっかりと打球がまっすぐ飛ぶからといってコースの芝ではまっすぐ飛ぶとは限らないということです。


2.マットの音を確認する

ここからはどのようにマットを使えば、芝上しっかりと打てるのかを書きたいと思います。

先ほども述べたようにマットから打つのは芝に比べると比較的簡単なことです。

なので、マットから打つ際は特にマットの音にこだわって練習をしてください。

どのような音?

例えば、ドスンと重い音がしたり、打った時二回マットの音がしたり、マットの音が全く聞こえなかったり、様々な音が聞こえて来ると思います。

いま挙げた例は、悪い音の例です。笑

ダフったりトップした場合は、ボールは前に飛びますが、絶対にマットの良い音はなりません。

ですが、クラブとボールがしっかりとコンタクトが取れた時はマットから良い音が聞こえます。

良い音とは、少し高い音であまり大きな音はしないです。

練習を繰り返すと音の違いが分かるので、音に注意してマット上では練習することが大事です。


3.マットを購入して家で素振りをする

練習場だけでなく、家でもマットを使って練習できる方法があります。

それはマット上での素振りです。

市販されているマットは安い物で1000円程度からあります。

高い物でも5000円以内では収まる金額です。

そこで私がオススメするマットは縦にラインの入っているマットです。

ラインが入っているマットで素振りをすると、自分のスイングの軌道がはっきりとわかります。

ヘッドの軌道がライン通りに進んでないな、少し外から回っているな、とか気づくはずです。

ライン付きのマット上で素振りを実践することで自分のスイングを見つめ直してみてください。

あと、しっかりと音にも注意してくださいね。笑






ゴルフがもっと上手くなりたい人へ
ゴルフが驚くほど上達する練習教材
✓スコアが100切れない
✓飛距離が中々出ない
✓本を読んでも、プロから指導を受けても上達しない
✓コースに出ると全然スコアが伸びない

そんなアナタにおすすめなのが、 「ゴルフが驚くほど上達する練習教材」 です。

ゴルフが驚くほど上達する練習教材は、 元プロゴルファーやティーチングプロ などが監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にゴルフが上達 することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のゴルフが上達する練習教材を紹介します。
7日間シングルプログラム

5ラウンド以内に80〜90台のスコアを!!
このプログラムはジャパンゴルフツアーに出場する現役のプロゴルファーの小原大二郎氏 が教える7日間で100を切り、安定的に80〜90台のスコアを出すための練習方法です!!

短い時間で成果が出るから忙しいアマチュアゴルファーにぴったりです!

しかも5ラウンド以内に80〜90台のスコアが出なければ、返金保証がついているので、安心して取り組めます!