ゴルフの手打ちのスイングはデメリットはあっても、残念ながらメリットはありません。

体打ちのスイングを習得する方法をご紹介しますので、今後のゴルフ上達のためにこの方法を練習して、手打ちを解消しましょう。


1.下半身の使い方

私は、ゴルフを始めた時から体打ちだったので、手打ちの方を見てもアドバイスができませんでしたが、ようやく最近、この方法で手打ちが解消されることが分かり、実際体内ちを習得できた方もいらっしゃるので、その方法をご紹介したいと思います。




まず、手打ちの方に共通しているのが、手打ちという言葉通り上半身しか使っていないことです。

体打ちを習得するためには、下半身が使えないといけません。

下半身を使うと言っても、どうやって使えばいいか分からないと思います。

下半身の使い方は次の通りです。

アドレスの前傾姿勢で猫背にならないよう、骨盤を前傾させます。

骨盤を前傾させるには、両手の握りこぶしを股関節に当ててそれを足の付根で挟むようにすると骨盤が前傾します。

骨盤の前傾が出来たら、両腕をダランと脱力させて、足だけを使って腕を左右に揺らして下さい。

それが出来たら、次はやはり足だけを使って、脱力させた腕をでんでん太鼓のように体を回転させて振ってください。

駄々をこねる子供のようにです。

腕の力は一切入れないでください。

これが下半身使うということです。

股関節を前傾させて、足だけを使って腕を振ってください。

この感覚が掴めるようになったら、次のステップです。


2.クラブを持って下半身を使う

ボールはまだ使いません。

8番か9番くらいのショートアイアンを持ってアドレスし、上半身をリラックスさせて、足を使って左右に振ってみます。

右に上がったクラブが下りてくる時に、左足を踏み込むとクラブに勢いがつくのが分かるでしょうか。

それが分かるようになったら下半身が使えています。

体打ちまであと少しです。


3. 体打ちの完成

では、いよいよテイクバックです。

クラブをトップまで上げます。

腕は重力に逆らってクラブを上げるためだけに使います。

テイクバックやダウンスイングの時の体の回転には、足を使います。

また、ダウンスイングでクラブを下ろすのは重力が行ってくれます。

それを考慮して素振りし、打てそうだと思ったら、ボールを打ってみてください。

最初はどんな球が出るか怖いと思いますが、練習ですから怖くはありません。

体が慣れるまでどんどん打ち込んでください。

あとは自分が手打ちををどれだけ解消したいか、その気持ちと闘ってください。

ゴルフの神様はその気持に答えて、必ず上達させてくれます。






ゴルフがもっと上手くなりたい人へ
ゴルフが驚くほど上達する練習教材
✓スコアが100切れない
✓飛距離が中々出ない
✓本を読んでも、プロから指導を受けても上達しない
✓コースに出ると全然スコアが伸びない

そんなアナタにおすすめなのが、 「ゴルフが驚くほど上達する練習教材」 です。

ゴルフが驚くほど上達する練習教材は、 元プロゴルファーやティーチングプロ などが監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にゴルフが上達 することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のゴルフが上達する練習教材を紹介します。
7日間シングルプログラム

5ラウンド以内に80〜90台のスコアを!!
このプログラムはジャパンゴルフツアーに出場する現役のプロゴルファーの小原大二郎氏 が教える7日間で100を切り、安定的に80〜90台のスコアを出すための練習方法です!!

短い時間で成果が出るから忙しいアマチュアゴルファーにぴったりです!

しかも5ラウンド以内に80〜90台のスコアが出なければ、返金保証がついているので、安心して取り組めます!