ゴルフで練習ではいい感じで打てているのに本番では緊張や焦りから別人の様になってしまう事をよく聞きます。

そこでゴルフで大切な集中力やタフな精神力の養い方をご紹介します。


1.プレッシャー

ゴルフのプロでもプレッシャーはあります。

ゴルフの試合で、この一打で優勝など大切な一打の時、テイクバックを始められないや方向性が狂いだすなどがあります。

納得いくまで練習したのに突然現れます。

それは思考で悪い事ばかり考えていると起こります。

アマチュアならゴルフのラウンドで朝一番のティーショットでミスするのではないかと考えがちになりプレッシャーでミスが出ます。




精神力が弱いとプレッシャーに負け上達の妨げになります。

ショットをする前は自分が打ちたい球筋や方向を決め後はボールを打つ事だけに徹します。

ミスが出ればミス出た時に対処すればいいのです。

精神力を強く持つ為に、打つ前からミスの事を考えず良いイメージだけを持ち打ちます。


2.緊張

緊張とはプレッシャーとは違いこれから起きる事に対して待ち受けている状態の事です。

のどが渇き心拍数が上がり始めます。

緊張は誰でも起こり、時には緊張がひどくなりすぎ失神する方もいます。

緊張をなくすのではなく緊張を和らげ少し緊張感がある方がいいです。

緊張はプレッシャーの様に考え方で起きる現象ではなく身体が反応して心拍数などが上がる為緊張しないようにする事は不可能です。

緊張は和らげる事で解決します。

水分を取り口の渇きを取り、深呼吸などを行い心拍数を下げます。

よく肩の力を抜いてなどを聞きますが、この意味こそが心拍数を下げるという意味です。

緊張を和らげるには緊張している事を自覚する事です。

自覚する事だけでも緊張はほぐれます。

自分を客観的にみて他人事のように緊張感を知る事です。

決してネガティブな考えを持たない事です。

精神力を鍛える事で上達します。


3.集中力

集中力がある時は周りの音さえ聞こえない状態になります。

疲れがたまりはじめると集中力がなくなってきます。

ゴルフのラウンドでスタミナがない方ほど集中力の持続時間は短くなります。

集中力を付ける方法の一つとして体力をつける事です。

毎日散歩やジョギングをするだけでも違います。

集中力がなくなると一点を見つめる事が出来なくなります。

集中力を養う方法として爪楊枝を目の前の持ち爪楊枝の先端を見つめます。

ボールペンなどでも大丈夫です。

集中力のない方は数秒で目線が逸れます。

初めは数秒でも徐々に長く見つめる事が出来る様に練習します。

しなければならない事以外の事を考えると集中力はなくなります。

ゴルフでゾーンに入った時どんな打ち方をしてもうまくいく時があります。

ゴルフでいうゾーンは集中力が高まっている状態なのです。

その時はボールを打つ事以外何も考えていない状態になっている為集中力が続きます。

プレッシャーはネガティブにならずポジティブで解消して緊張はうまく和らげ色んな事を考えず一つの事を考え集中力を保って頑張って上達してください。






ゴルフがもっと上手くなりたい人へ
ゴルフが驚くほど上達する練習教材
✓スコアが100切れない
✓飛距離が中々出ない
✓本を読んでも、プロから指導を受けても上達しない
✓コースに出ると全然スコアが伸びない

そんなアナタにおすすめなのが、 「ゴルフが驚くほど上達する練習教材」 です。

ゴルフが驚くほど上達する練習教材は、 元プロゴルファーやティーチングプロ などが監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にゴルフが上達 することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のゴルフが上達する練習教材を紹介します。
7日間シングルプログラム

5ラウンド以内に80〜90台のスコアを!!
このプログラムはジャパンゴルフツアーに出場する現役のプロゴルファーの小原大二郎氏 が教える7日間で100を切り、安定的に80〜90台のスコアを出すための練習方法です!!

短い時間で成果が出るから忙しいアマチュアゴルファーにぴったりです!

しかも5ラウンド以内に80〜90台のスコアが出なければ、返金保証がついているので、安心して取り組めます!