ゴルフのグリップ部の握り方には、いくつかの握り方があります。その中でも、もっともスタンダードで一般的な握り方がオーバーラッピンググリップです。初心者からプロまで、沢山の人たちがオーバーラッピンググリップで握っており、もっとも標準的な握り方といっても過言ではないでしょう。


1.オーバーラッピンググリップの握り方

オーバーラッピンググリップの握り方は、まず左手でグリップを握り、その左手の人差し指あたりから右手の小指をで上から被せて重ねてグリップ部を握る方法です。




オーバーラッピンググリップはもっとも一般的で普通の握り方であり、初心者やアマチュアの方々、そしてプロゴルファーの選手達でされている握り方です。

オーバーラッピンググリップの握り方は、本などで売られているゴルフ入門書やゴルフ雑誌などでは、この握り方を前提として書かれているものさえあります。

ゴルフをする大半の人たちがこの握り方でプレーしていると言って間違いないでしょう。


2.オーバーラッピンググリップの特徴

ゴルフクラブの握り方は、握り方があるのですが、多くの人が、このオーバーラッピンググリップの握り方を選ぶには、理由があります。

まず、オーバーラッピンググリップをするプレーヤーが多いことから、本や、先輩、プロゴルファーの映像や、指南書など、沢山の参考資料があり真似しやすいという性質があります。

握り方は、スイングする上で重要なポイントであり、それを安易に変えることはすべきでありません。

参考にするプレーヤーが多いというのは大きな特徴です。

また、オーバーラッピンググリップは左手主導でショットを打つことができることから、スムーズなスイングを可能にするといわれています。

体の重心から軸を作って弧を描く円のようにスイングするのが良いスイングとされている中で、左手主導でスイングをスムーズに行うことは、弧を描くスイング運動を円滑にできる握り方であると言われています。

一方で、手が小さいプレーヤーにとって、オーラーラッピンググリップをすることが難しい場合狩ります。すなわち、右手が小さく左手をオーバーラッピングする(重ねて握る)ことがままならず滑りやすくなってしまうという場合もあります。

このような場合には、他の握り方も試してみる価値はありそうです。

また、オーバーラップグリップでは、右手の動きを邪魔するという感覚を持つ人もいるようです。

もちろん、自分に合った握り方でスイングするのが一番良いのですが、基本的に握り方を変えると感覚が変わるので、握り方をコロコロ変えることはお勧めしません。

オーバーラッピングでゴルフをスタートして、一定程度の練習メニューを行っても、どうしてもこの握り方に納得いかない、違和感があるという場合にのみ他の握り方を試すということをお勧めします。

また、初心者の場合には、ゴルフクラブの握り方は、特徴的であり最初は戸惑うかもしれません。

しかし、練習メニューを消化しているうちに、無意識にできるようになるので心配ありません。






ゴルフがもっと上手くなりたい人へ
ゴルフが驚くほど上達する練習教材
✓スコアが100切れない
✓飛距離が中々出ない
✓本を読んでも、プロから指導を受けても上達しない
✓コースに出ると全然スコアが伸びない

そんなアナタにおすすめなのが、 「ゴルフが驚くほど上達する練習教材」 です。

ゴルフが驚くほど上達する練習教材は、 元プロゴルファーやティーチングプロ などが監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にゴルフが上達 することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のゴルフが上達する練習教材を紹介します。
7日間シングルプログラム

5ラウンド以内に80〜90台のスコアを!!
このプログラムはジャパンゴルフツアーに出場する現役のプロゴルファーの小原大二郎氏 が教える7日間で100を切り、安定的に80〜90台のスコアを出すための練習方法です!!

短い時間で成果が出るから忙しいアマチュアゴルファーにぴったりです!

しかも5ラウンド以内に80〜90台のスコアが出なければ、返金保証がついているので、安心して取り組めます!