ゴルフではグリップはスコアアップをするうえで、とても重要な要素を占めています。グリップの握り方ひとつで、同じスイングをしても球筋が大きく変わってきます。初心者はまずは真っすぐにボールを飛ばすことを先決してください。

早い段階から自分はフック系なのでこのグリップ、スライス系だからこのグリップと決めてしまうのは時期尚早です。

今回はゴルフ初心者のためのグリップの選び方についてお伝えしていきます。





1.まずはオーソドックスに

前回、ゴルフのグリップの握り方の種類についてお伝えをしてきました。もちろんわかりやすいのはベースボールグリップです。

握り方にコツがないといえばないですから、普通に持ってスイングすればいいだけです。バランスもとりやすく、飛距離も出るので女性プレイヤーには適しています。

ただし、ベースボールグリップを使用している方はほとんど見かけません。少なくとも私の周りにはいません。私は高校時代の体育の授業で初めてゴルフを習ったのですが、グリップの握り方はオーバーラッピングでした。ですから今もそうです。一度グリップが固定されてしまうと、他のグリップではまともにスイングできなくなります。私はベースボールグリップでプレーすると完全な手打ちになります。体と手のタイミングが合わないからです。

最初が肝心と言いますので、グリップの選び方は悩みどころかもしれませんが、私はオーソドックスにオーバーラッピングでいいと思います。もちろん全部のグリップを試してみて、もっと自分に適したグリップがあるのならばそちらでいいです。

全部試したうえで、オーバーラッピングでストロンググリップで練習していくことをお勧めしていきます。

最初はこのグリップでクラブにボールをまともに当てるのも難しいと思います。ここは練習するしかありません。今後、スイングについても触れていきますが、初心者はボールにまともに当たらない。

当たっても極端なスライス(大きく右に曲がる)という問題に直面します。そこは練習で十分修正できます。じゃあ簡単なベースボールグリップで、となる前にもう少し練習を積んでみて下さい。

オーバーラッピングでストロンググリップは、スライスしにくいグリップの握り方なので、初心者でも慣れてきたらすぐに真っすぐに打てるようになるのではないでしょうか。


2.好きなプロゴルファーの真似から入る

ゴルフで上達する方は練習や研究も熱心ですが、いいものはすぐに取り入れようとする吸収力があります。上手な人の真似から入るのは、上達する近道とも言えます。(プロゴルファーには極端なスイングやアドレスの方もいますが)自分の好きなプレイヤーのグリップを真似してみるというのも選び方のひとつです。

ただし体の力や球筋でグリップを決めるのが、選び方のベストだということもお伝えしておきます。どんな球筋のひとがどのグリップを使うべきなのかは、今後、詳しくまたお伝えしていきます。






ゴルフがもっと上手くなりたい人へ
ゴルフが驚くほど上達する練習教材
✓スコアが100切れない
✓飛距離が中々出ない
✓本を読んでも、プロから指導を受けても上達しない
✓コースに出ると全然スコアが伸びない

そんなアナタにおすすめなのが、 「ゴルフが驚くほど上達する練習教材」 です。

ゴルフが驚くほど上達する練習教材は、 元プロゴルファーやティーチングプロ などが監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にゴルフが上達 することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のゴルフが上達する練習教材を紹介します。
7日間シングルプログラム

5ラウンド以内に80〜90台のスコアを!!
このプログラムはジャパンゴルフツアーに出場する現役のプロゴルファーの小原大二郎氏 が教える7日間で100を切り、安定的に80〜90台のスコアを出すための練習方法です!!

短い時間で成果が出るから忙しいアマチュアゴルファーにぴったりです!

しかも5ラウンド以内に80〜90台のスコアが出なければ、返金保証がついているので、安心して取り組めます!