2000年代頃からユーティリティ、ハイブリッドという新しいクラブが現れました。

それまでは、距離の長いクラブは3アイアンや2アイアンというロングアイアンが主流でした。

現在ではユーティリティという操作しやすく、ボールも上がりやすいクラブが多く、ほとんどの割合を占めるようになりました。

今回は、そのゴルフスイングにおけるユーティリティの使いやすさについて書いていきたいと思います。





1. ユーティリティの使いやすさとは

まず、ユーティリティとは何なのかを書いていきたいと思います。

ユーティリティとは、アイアンよりもダフりにくく、ウッドの様にヘッドも大きくないために曲がりにくいというクラブです。

このユーティリティが出てきてくれたお陰で難しいロングアイアンを使わずに、距離が出るクラブが使えるようになりました。

そして、次にそのユーティリティの操作性の良さについて書いていきたいと思います。

ユーティリティの特性として、ボールが上がりやすいという特徴を持っています。

クラブのロフト角はロングアイアンと変わらず、18度、22度などでありながらボールが上がりやすく、グリーンでボールが止まるということです。

したがって無理にボールを上げようとしなくとも、クラブがボールを上げてくれるということです。

これこそがロングアイアンとの違いであります。

ロングアイアンはソールが薄くヘッドも小さいためにしっかりとミートすることが難しく難易度が高いです。

そして、現在、これほどまでにユーティリティが人気な理由として、挙げられるのはとにかくダフりにくいということです。

あなたがもし使うのであれば3アイアンでしょうか。

それともユーティリティの3番でしょうか。

多くのゴルファーがユーティリティを選ぶとわたしは思います。

その理由として多いのが3アイアンは当たらないし、ヘッドが薄く小さいため難しいということ、ユーティリティのほうがボールは上がるし、球は飛ぶということです。

何よりもユーティリティというものは容易さというものを重視したクラブであるために、多くの人に愛されたのではないかとわたしは考えています。

わたし自身も3番ユーティリティ、4番ユーティリティをバックに入れていてロングアイアンをなるべく使わないようにしています。

扱いが容易なクラブであればあるほど、スコアにも直結してくるため、ユーティリティというのはとてもわたしにとっても重宝しています。

ロングアイアンを未だにお使いのみなさんも是非、ユーティリティをバックに入れてみてください。






ゴルフがもっと上手くなりたい人へ
ゴルフが驚くほど上達する練習教材
✓スコアが100切れない
✓飛距離が中々出ない
✓本を読んでも、プロから指導を受けても上達しない
✓コースに出ると全然スコアが伸びない

そんなアナタにおすすめなのが、 「ゴルフが驚くほど上達する練習教材」 です。

ゴルフが驚くほど上達する練習教材は、 元プロゴルファーやティーチングプロ などが監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にゴルフが上達 することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のゴルフが上達する練習教材を紹介します。
7日間シングルプログラム

5ラウンド以内に80〜90台のスコアを!!
このプログラムはジャパンゴルフツアーに出場する現役のプロゴルファーの小原大二郎氏 が教える7日間で100を切り、安定的に80〜90台のスコアを出すための練習方法です!!

短い時間で成果が出るから忙しいアマチュアゴルファーにぴったりです!

しかも5ラウンド以内に80〜90台のスコアが出なければ、返金保証がついているので、安心して取り組めます!