ゴルフでスコアを良くするためにはパターでいかに叩かないかが重要となります。

ゴルフの練習ではティーショットのドライバー、アプローチに練習の比重が多く思われがちですが、パターで3打、4打、もしくはそれ以上を叩くと、どれだけドライバーやアプローチが良くてもスコアーは伸びません。だからこそ、パターの正しい練習を継続して行うことが重要です。


1.パターと他のショットは別物か

パターは他のショットと異なり、小さいスイングでカップにボールを入れる最後のショットであるから、ドライバーやアプローチといったカップまでの距離をつめるものとは異なるように思われがちです。




プロゴルファーのパターのショットを見ても、ドライバーショットやアプローチショットと異なり多種多様のスイング方法があることから、それぞれの練習方法があり、慣れるしか方法がないのではないかと思う人も多いようです。

しかし、そうではありません。ドライバーも、アプローチも、パターもスイングの基本は体に軸を作り、軸をぶらさずボール捕らえることが重要で、パターが特別ということはありません。

プロゴルファーのパターショットには特徴的な打ち方の人も居ますが、基本的には軸を作ってパターを軸に沿って回転させるということに変わりはありません。

ですから、ゴルフの練習においては、ドライバー、アプローチ、パター、どのショットであっても体の重心に一本の軸を作って打つということが重要となります。


パターショットの基本

パターの上達のためには、もちろん反復してパターショットの練習を行うしかありません。
しかし、闇雲にパターを打っても上達には時間がかかります。

ですので、まずは、パターショットにおける自分の中の重心と軸をつくり、その感覚を覚えることが大切です。

そして、次にパターの練習の場合には、同じ幅でパターを振ってどの程度の高さまで上げたら、どの程度の強さで、どのくらいの強さのボールとなるのか、これを覚える必要があります。

ラウンドに出た際に、カップまでの距離を考えて、まずは一直線に丁寧にちょうど良い強さでパットが出来るか、これがパターの基本です。

これができずに強すぎると、グリーンを数回往復することになりますし、弱すぎても、スコアーを伸ばすことが出来なくなります。


3.パターの練習

ゴルフの練習場では、パターの練習場のある練習場は少数です。基本的にはパターの練習は自宅で行うこととなるでしょう。

練習としては、体の軸を意識すること、そして力を抜いて振り子のように同じ幅で振るということが安定したパターの練習となります。

そして、パットが安定して振る際の高さと距離の感覚を体で覚えることが出来たら、その次には、コースを読んだり、グリーンのの走り具合を考えて調節していく練習に入ります。

実際のグリーンは凹凸や傾斜があって練習と同じように平面一直線にカップがあるわけではありません。

しかし、一直線の基本のグリーンで強さの調節が可能となってこそ、ラウンドを回って調節が可能となります。

だからこそ、自分の感覚に慣れること、そのために軸を作って、いつでも同じ振り子のスイングが出来るようになることこそが、もっとも重要で基本的なパターの練習となります。

パターは他のクラブと異なり、一部屋あれば練習が可能です。

毎日数分でもパターを振って体が軸を作って振る練習をすることで、パターの安定性は大きく向上することが可能です。

パターが上達すればスコアがあがり、ゴルフはもっと楽しくなるでしょう。






ゴルフがもっと上手くなりたい人へ
ゴルフが驚くほど上達する練習教材
✓スコアが100切れない
✓飛距離が中々出ない
✓本を読んでも、プロから指導を受けても上達しない
✓コースに出ると全然スコアが伸びない

そんなアナタにおすすめなのが、 「ゴルフが驚くほど上達する練習教材」 です。

ゴルフが驚くほど上達する練習教材は、 元プロゴルファーやティーチングプロ などが監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にゴルフが上達 することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のゴルフが上達する練習教材を紹介します。
7日間シングルプログラム

5ラウンド以内に80〜90台のスコアを!!
このプログラムはジャパンゴルフツアーに出場する現役のプロゴルファーの小原大二郎氏 が教える7日間で100を切り、安定的に80〜90台のスコアを出すための練習方法です!!

短い時間で成果が出るから忙しいアマチュアゴルファーにぴったりです!

しかも5ラウンド以内に80〜90台のスコアが出なければ、返金保証がついているので、安心して取り組めます!