ゴルフでは、パットが上達すればスコアーが飛躍的に上がります。パットに自信が持てれば、グリーンに乗せるまでのアプローチや、ティーショットに余裕ができ、全てのショットに良い影響がでてきます。

逆に、グリーンの上のパットで大叩きをしていたり、パットに自信がないとなると、ドライバーでの飛距離を出さなければならなかったり、アプローチをピンの近くにつけなければならないと気負い、力んで、パット以外のショットにも影響が出てきます。




だからこそ、自信を持ってパットに挑めることが重要で、そのためには、練習が不可欠です。


1.パットの感覚を磨く

ドライバーやアプローチショットと異なり、パットは少しの力みや少しの角度の差で大きく差が出るゴルフの中でも最もデリケートなショットです。

パットを磨くためには、このようにパッティングが繊細な作業であることを認識して意識することが大切です。

繊細でデリケートなショットであるからこそ、パットにおいては、パターが自分の手先と同じように扱えるくらいの力加減ができることがベストであると言われています。

つまり、カップまでの距離が数メートルであったとき、パターを握らず、ゴルフボールを手にとって下手投げから転がす感覚と同じような感覚で、パターを使って打っても同じ力加減が可能となるかどうかが、パットにおいては重要となるのです。

パターを使ったパットが自分の手でボールを転がすのと同じくらい加減ができるようになり、それくらいパットが上達した場合に、ゴルフのスコアーが伸びていることに気がつくと思います。

このように、パットへの苦手意識をなくすくらい感覚を磨くことがパットの練習では重要となります。


2.パットの練習はパターとの相性から

ドライバーで飛距離を飛ばすショット、アイアンを打ち付けるようなアプローチショットと比べて、繊細なショットであるが故にパターショットが苦手という声は、よく耳にします。

どうしても、ゴルフの醍醐味である派手なスイングのドライバー、アプローチショットに脚光があたり、パターの練習は後回しにされたり、苦手意識が強いという人も多いです。

しかし、パターは練習に小スペースで練習できることから、練習場に行く必要もありませんし毎日家で少しの時間でパットを上達させることが可能です。

パターにもいろいろと種類があります。

特徴的な長尺・中尺のもの、ピンタイプ、マレットタイプ、ネオマレット、L字型タイプなどなど、ゴルフ用品専門店に行くと、所狭しと様々なパターが並んでいます。

大型ゴルフ用品専門店では試打コーナーがとってあるので、納得いく一本を選ぶことが重要です。

そして、自分の相性の良いパターを選んだら、相棒のパターと一緒に練習していくのみとなります。

練習は地味ですが、パットを繰り返し力加減と距離の感覚を体に覚えこますしかありません。

しかし、必ずその努力はラウンドで18ホールのグリーンの中で発揮されることとなるでしょう。






ゴルフがもっと上手くなりたい人へ
ゴルフが驚くほど上達する練習教材
✓スコアが100切れない
✓飛距離が中々出ない
✓本を読んでも、プロから指導を受けても上達しない
✓コースに出ると全然スコアが伸びない

そんなアナタにおすすめなのが、 「ゴルフが驚くほど上達する練習教材」 です。

ゴルフが驚くほど上達する練習教材は、 元プロゴルファーやティーチングプロ などが監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にゴルフが上達 することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のゴルフが上達する練習教材を紹介します。
7日間シングルプログラム

5ラウンド以内に80〜90台のスコアを!!
このプログラムはジャパンゴルフツアーに出場する現役のプロゴルファーの小原大二郎氏 が教える7日間で100を切り、安定的に80〜90台のスコアを出すための練習方法です!!

短い時間で成果が出るから忙しいアマチュアゴルファーにぴったりです!

しかも5ラウンド以内に80〜90台のスコアが出なければ、返金保証がついているので、安心して取り組めます!