ゴルフにおいて、逆手でのグリップ状態でパター練習をすることはグリーン上で良い結果を出し、スコアを作るためにはとても有効な練習方法です。

パターを逆手に持って練習することは多くのトッププロも実践しており、多くのメリットもあります。

今回はその逆手でのパター練習方法や意識したいことを書いていきたいと思います。


1. 逆手グリップでは正しいパッティングの軌道を意識すること

まず、逆手グリップを持つとどのようなメリットがあるのかについて触れていきたいと思います。




逆手グリップとは、左手が下で右手が上に来ることをいいます。

この逆手のグリップのメリットとしては、ボールを引っ掛けにくくなるということがいえます。

この引っ掛けにくいということは逆手グリップの1番のメリットであると思います。

数多くあるパターでのミスについて特に多いことがボールを引っ掛けてしまうということです。

ショートパットで引っ掛けて左に外してしまった経験がある方は多いのではないでしょうか。

そのため、逆手グリップを使うゴルファーはとても多いです。

その逆手グリップをする上で心掛けたいことが、正しいパッティングの軌道を確認するということです。

逆手グリップはどうしてもパッティングの軌道がインサイドアウトになりやすく、ミスをすると右に打ち出してしまいます。

これは、順手でも逆手でも言えることなのですが、パッティングの軌道が真っ直ぐになることがパターで真っ直ぐに転がすためには重要なことです。

正しいスイング軌道を確認する方法として、パターにラインが入っていたりする場合はそれを目印にして逆手グリップで練習をすることが大切です。

また、ボールにラインを書くことも正しいパッティング確認には有効です。


2. 逆手グリップの練習は片手から始める

次に逆手グリップでの練習方法について書いていきたいと思います。

逆手のグリップで重要なのが左手の使い方です。

この左手をしっかり使えているかでパターの上達に繋がります。

そこで、パターの練習をするときは左手一本から始めてみてください。

左手一本で打つ理由は、引っ掛けの防止があります。

そして、左手一本であれば、パッティングの軌道がアウトサイドインにならないためです。

しっかりと脇を締めた状態では、左手一本でもしっかりと力強いパッティングが出来ると思います。

さらに左手一本で行う練習には、パターの感覚を掴むのにも有効です。

パッティングではできるだけリラックスをして、余計な力、力みを取り除くことが大切になってきます。

左手一本であればその余計な力が抜けているので、感覚を掴みやすくなります。

このように、逆手グリップにはパターの練習にとても有効です。

もし、その練習で逆手グリップというものがしっくりと来た場合であれば、ラウンドでも逆手のグリップを実践する価値はあると思います。

逆手グリップを使ってあなたのゴルフが上達すればわたしは嬉しく思います。






ゴルフがもっと上手くなりたい人へ
ゴルフが驚くほど上達する練習教材
✓スコアが100切れない
✓飛距離が中々出ない
✓本を読んでも、プロから指導を受けても上達しない
✓コースに出ると全然スコアが伸びない

そんなアナタにおすすめなのが、 「ゴルフが驚くほど上達する練習教材」 です。

ゴルフが驚くほど上達する練習教材は、 元プロゴルファーやティーチングプロ などが監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にゴルフが上達 することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のゴルフが上達する練習教材を紹介します。
7日間シングルプログラム

5ラウンド以内に80〜90台のスコアを!!
このプログラムはジャパンゴルフツアーに出場する現役のプロゴルファーの小原大二郎氏 が教える7日間で100を切り、安定的に80〜90台のスコアを出すための練習方法です!!

短い時間で成果が出るから忙しいアマチュアゴルファーにぴったりです!

しかも5ラウンド以内に80〜90台のスコアが出なければ、返金保証がついているので、安心して取り組めます!