ゴルフのラウンドにおいて、ショートアイアンを打つことは必ずあると思います。

このショートアイアンでグリーンに乗るか、それともグリーンを捉えられないのかはスコアを作っていくために非常に重要なことです。

今回はそのショートアイアンでのスタンスの決め方について書いていきたいと思います。


1. ショートアイアンのスタンスは狭すぎるくらいでよい

まず、ショートアイアンを使う目的を書いていきたいと思います。




ショートアイアンとは、9番アイアン、ピッチングウェッジ、アプローチウェッジ、サンドウェッジのことをいい、距離が短いときに使うクラブです。

アイアンには、ロングアイアン、ミドルアイアン、ショートアイアンの種類があり、それぞれでアイアンの種類、役割が違います。

そのことを理解出来ているアマチュアゴルファーは少ないのではないでしょうか。

ロングアイアンとは、残り距離が多いときに使うクラブであり、クラブの長さが長いためにアイアンの中では難易度がとても高いです。

逆にショートアイアンでは、残り距離が少ない時などに使用し、ロングアイアンに比べると長さも短くヘッドも大きいため易しいクラブといえます。。

では、ショートアイアンの役割とは、何でしょうか。

飛距離を出し、飛ばすことでしょうか。

それは違います。

ショートアイアンの役割というものは距離を合わせ、いかにグリーンへボールを運ぶかというためのクラブだということを意識してください。

また、ショートアイアンは飛びすぎてもいけないということです。

曲がらず、距離を合わせ、自分の思った通りのスピンコントロールをすることがショートアイアンでは必要になってきます。

言い換えると、ロングアイアンと同じ打ち方ではないということであり、スタンスも違うということです。

なので、ショートアイアンのときはスタンスをロングアイアンの時と変えなければいけません。

ロングアイアンには、多少の曲がり幅は許容範囲内ですがショートアイアンではそれがスコアに影響してくるため、曲がることは禁物です。

そのため、スイングの安定性、距離を抑えるためにもショートアイアンのスタンスは狭くしておくべきであるとわたしは思います。

狭くしておくと、曲がり幅が小さい上、ショットのスピンが掛かりすぎないため、グリーン上に運ぶという面ではとてもメリットが多いです。

そして何よりもミスショットをしにくいということがスタンスを狭くすることの最大のメリットです。

みなさんも、是非ショートアイアンの役割を認識し、スタンスというものに意識してラウンドをしていくとバーディの数が増えていくとわたしは思います。






ゴルフがもっと上手くなりたい人へ
ゴルフが驚くほど上達する練習教材
✓スコアが100切れない
✓飛距離が中々出ない
✓本を読んでも、プロから指導を受けても上達しない
✓コースに出ると全然スコアが伸びない

そんなアナタにおすすめなのが、 「ゴルフが驚くほど上達する練習教材」 です。

ゴルフが驚くほど上達する練習教材は、 元プロゴルファーやティーチングプロ などが監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にゴルフが上達 することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のゴルフが上達する練習教材を紹介します。
7日間シングルプログラム

5ラウンド以内に80〜90台のスコアを!!
このプログラムはジャパンゴルフツアーに出場する現役のプロゴルファーの小原大二郎氏 が教える7日間で100を切り、安定的に80〜90台のスコアを出すための練習方法です!!

短い時間で成果が出るから忙しいアマチュアゴルファーにぴったりです!

しかも5ラウンド以内に80〜90台のスコアが出なければ、返金保証がついているので、安心して取り組めます!