ゴルフではグリップとアドレスがショットが成功するかどうかの7割以上を占めていると言われています。グリップは自分の力とボールの飛ぶ方向(スライス気味なのかフック気味なのか)を考えながら決めていきましょう。

ドライバーとアイアンでグリップが大きく変わるということはありませんが、アイアンになるとどうしてもフックしてしまうなどの問題を抱えている方は再検討の余地があるかもしれません。




今回はアイアンのグリップの握り方についてお伝えしていきます。


1.アイアンがスライスする場合

ゴルフの初心者はスライスの問題を抱えています。スイングと同時にグリップも見直してみてください。

右手の添え方としては「オーバーラッピング」がお勧めです。こちらの方が右手の力を活用しやすいです。

右手の小指が左手の人差し指と中指の間に乗せるグリップです。私はこちらを採用しています。あまりにも右手に力が入ると極端なフックになることもあるので注意してください。

アイアンを握ったときに、「ストロンググリップ」の方がフェイスが開いた状態でのインパクトになりにくいです。人差し指と親指の間のラインが右肩を向くように握りましょう。

アイアンのスライスを防ぐ練習メニューとしては、オーバーラッピングとストロンググリップです。それでもスライスするのならばスイングにかなりの問題があるか、ヘッドアップしているかでしょう。


2.アイアンがフックする場合

ゴルフの本番のプレーでは2打目でフックすると距離が出る分、アイアンであってもOBになりやすいです。フックになりにくいグリップを改めてお伝えします。

右手の添え方としては「インターロッキング」がお勧めです。両手が安定するので、右手が悪さをしません。右手の小指と左手の人差し指が絡み合う感じのグリップです。ドライバーはオーバーラッピングでアイアンはインターロッキングという方もいます。

アイアンを握ったときは、「ウィークグリップ」の方がフェイスがインパクトの瞬間に閉じにくくなります。人差し指と親指の間のラインが左肩を向くように握りましょう。

アイアンのフックを防ぐ練習メニューとしては、インターロッキングとウィークグリップです。これでも極端にフックするのはアドレス時にフェイスが閉じられているのが原因かもしれません。

距離を伸ばしたいときには「ベースボールグリップ」もあります。指は絡まず、すべての指をグリップにかけます。一度試してみるのもいいと思います。

ゴルフはスイング自体の調整も当然必要ですが、年齢にあわせて力や体の柔らかさも変化していきますので、自分の体にあったグリップをチョイスしてください。






ゴルフがもっと上手くなりたい人へ
ゴルフが驚くほど上達する練習教材
✓スコアが100切れない
✓飛距離が中々出ない
✓本を読んでも、プロから指導を受けても上達しない
✓コースに出ると全然スコアが伸びない

そんなアナタにおすすめなのが、 「ゴルフが驚くほど上達する練習教材」 です。

ゴルフが驚くほど上達する練習教材は、 元プロゴルファーやティーチングプロ などが監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にゴルフが上達 することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のゴルフが上達する練習教材を紹介します。
7日間シングルプログラム

5ラウンド以内に80〜90台のスコアを!!
このプログラムはジャパンゴルフツアーに出場する現役のプロゴルファーの小原大二郎氏 が教える7日間で100を切り、安定的に80〜90台のスコアを出すための練習方法です!!

短い時間で成果が出るから忙しいアマチュアゴルファーにぴったりです!

しかも5ラウンド以内に80〜90台のスコアが出なければ、返金保証がついているので、安心して取り組めます!