ドライバーのアドレスは、アイアンでのアドレスとは少し異なります。

正しいアドレスをとるのにアイアンで練習して練習メニューをこなす人が多いので、ドライバーを握ったとき、初めてのドライバーでのアドレスに戸惑うかもしれません。

また、アイアンと同じアドレスでドライバーを振っても、大抵ボールを捕らえられないということになり、空ぶる可能性が大きくなります。ですので、ドライバーのアドレスを身につけることが重要です。


1.ドライバーのアドレスの重要性

ドライバーは、グリップからヘッドまでのシャフトが長く、アイアンと比べてアドレスを取るのが難しいように感じます。




しかし、これも体が覚えるまで継続して練習メニューをこなすことで身につきます。

ドライバーは、どうしても飛距離を気にしたり、余計な動きが入りやすくなることから、力が入りがちになります。

それをできるだけ解消するために、正しいアドレスで構えて振ることが重要です。

正しい構えで振ることで余計な動きをすることなく、ダイレクトにスイングのパワーがボールに伝わり、飛距離も方向性も安定したショットをすることが可能になります。


2.ドライバーのアドレスのとり方

ドライバーでのアドレスといっても基本的には、アイアンで正しいアドレスが出来ていれば、それにアレンジを加えるだけとなるので、何も難しいことはありません。

まず、肩幅でボールの前に立ちます。

この際、アイアンの場合には、どのクラブであっても大体肩幅でよいのですが、飛距離の大きいドライバーの場合には、若干右足を開いて外側に構えると振りやすいかもしれません。

アドレスでは、スイングするための構えですので、スイングをしやすいということがいちばん重要になります。

どのくらい外側に開くべきかは、練習メニューを消化して感覚で身につけるしかありません。

そして、ボールの位置ですが、アイアンの場合には重心の前より左側が鉄則となっていましたが、ドライバーの場合には左足の延長線上におくべきとされています。

つまり、シャフトが長いことから左足の延長線上において、ちょうどドライバーのフェイスがコースに対して真っ直ぐボールにあたる位置となるのです。

ですから、ボールは左足の延長線上においてドライバーを握り、構えを取ります。

アイアンの場合には、ひざを曲げずに腰を曲げて、くの字に腰を曲げて一度構えてみてから、顔を上げて一呼吸置いて、下に目線を戻してくるという作業でした。

ドライバーの場合でも基本は同じです。

ただ、ドライバーの場合には、ボールが左足の前方にあることから、目線を戻してボールを見たときに、ドライバーの右側から覗き込んでボールを見るような形になります。


3.自分に合うアドレスを探す

ゴルフではスイングを浴するためにアドレスが重要となります。

アドレスは、一人ひとりの体重や体型、体調、使っているクラブによって、一人ひとり異なります。

アドレスの取り方を繰り返し練習メニューに入れて体に身につけても、最終的には自分の納得するアドレスを身につけるしかありません。

しっくりくるアドレスを見つけたとき、ゴルフのフォームスイングが美しくなっていることは間違いありませんし、スコアも伸びてくることが間違いありません。






ゴルフがもっと上手くなりたい人へ
ゴルフが驚くほど上達する練習教材
✓スコアが100切れない
✓飛距離が中々出ない
✓本を読んでも、プロから指導を受けても上達しない
✓コースに出ると全然スコアが伸びない

そんなアナタにおすすめなのが、 「ゴルフが驚くほど上達する練習教材」 です。

ゴルフが驚くほど上達する練習教材は、 元プロゴルファーやティーチングプロ などが監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にゴルフが上達 することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のゴルフが上達する練習教材を紹介します。
7日間シングルプログラム

5ラウンド以内に80〜90台のスコアを!!
このプログラムはジャパンゴルフツアーに出場する現役のプロゴルファーの小原大二郎氏 が教える7日間で100を切り、安定的に80〜90台のスコアを出すための練習方法です!!

短い時間で成果が出るから忙しいアマチュアゴルファーにぴったりです!

しかも5ラウンド以内に80〜90台のスコアが出なければ、返金保証がついているので、安心して取り組めます!