ゴルフをやる上で、プロみたいな綺麗なスイングに憧れますよね。

アマチュアでも上手い人は大抵綺麗なスイングをしています。

綺麗なスイングは基本に忠実なスイングと言えるでしょう。

飛ばしたいと思うとどうしても力が入ってしまって、結局スライスボールになってしまいますね。

クラブの軌道がアウトサイドインになってしまっているのでしょう。


1.右脇を締めて

アウトサイドにクラブを引いている時は、右脇が開いていると思います。




右脇が開いていると綺麗なスイングになりません。


2.口ずさむ

ゴルフ場でのティーショットは緊張しますよね。

私は、ティーショットの時に3個口ずさみ、注意点を確認してからスイングを始めます。

「右肩出しゃばらない、右脇開けない、顔はそのまま」

右肩が前に出ちゃうとスクウェアに立てませんよね。

右脇を締めてないと綺麗な球筋が出ないですよね。

ヘッドアップしてしまうととんでもない球が出ちゃいますよね。

結構注意事項を口ずさむといい結果が出ますよ。


3.右脇に何か挟んで練習を

右脇を締める矯正をするには、何か右脇に挟むのがいいと思いますよ。

ヘッドカバーやタオルなどを右脇に挟み練習して、右脇の矯正をして見てください。

コースではヘッドカバーやタオルなど挟む事ができないので、ポロシャツを少しめくって右脇に挟むなどすれば問題ありません。

クラブを大きく振ることを考えると右脇が開いてしまう人もいるでしょう。

これはやり過ぎです。

右脇を締めながら、インサイドにクラブを引き、体の近くをクラブが通るイメージで、フォローもインサイドに来るようにスイングの練習をしましょう。

コースと練習場の違いはコースではやり直しがきかないのですが、練習場ではやり直しがききます。

最高ですね。

インサイドインの軌道を意識していれば、右脇をあまり考えなくても自然と右脇はしまってくると思います。

とにかく反復練習で体にスイングを記憶させる事が大事です。

また、イメージトレーニングも上達ポイントの一つだと思います。

プロのスイングを繰り返しみて頭に記憶させ、プロのスイングの模写をすることも上達のスピードを上げることに役立つと思います。

ゴルフを始めていくとその時々に、チェックポイントが増えてきます。
考えすぎるとゴルフスイングもめちゃくちゃになってきますよね。

考えなくてもイメージ通りのスイングができるようになるには、練習で体に覚えさせるのが一番です。

コツコツ練習することが大事です。






ゴルフがもっと上手くなりたい人へ
ゴルフが驚くほど上達する練習教材
✓スコアが100切れない
✓飛距離が中々出ない
✓本を読んでも、プロから指導を受けても上達しない
✓コースに出ると全然スコアが伸びない

そんなアナタにおすすめなのが、 「ゴルフが驚くほど上達する練習教材」 です。

ゴルフが驚くほど上達する練習教材は、 元プロゴルファーやティーチングプロ などが監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にゴルフが上達 することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のゴルフが上達する練習教材を紹介します。
7日間シングルプログラム

5ラウンド以内に80〜90台のスコアを!!
このプログラムはジャパンゴルフツアーに出場する現役のプロゴルファーの小原大二郎氏 が教える7日間で100を切り、安定的に80〜90台のスコアを出すための練習方法です!!

短い時間で成果が出るから忙しいアマチュアゴルファーにぴったりです!

しかも5ラウンド以内に80〜90台のスコアが出なければ、返金保証がついているので、安心して取り組めます!