ゴルフスイングは連続スイングと思いがちですが、テークバックでクラブを引き上げた時トップの位置でイッパク置いてから、クラブを戻してきてください。

このタメを作る事で、自分の腕より後からクラブが追いかけてくるイメージになると思います。


1.トップの位置から

連動したスイングでトップの位置でのタメがわからない場合、練習では初めからトップの位置から素振りを行なってみてください。




2、3度トップの位置からの素振りをし、3度目に連続スイングで素振りしてみるとトップでのタメを理解できるかもしれません。


2.コックのほどきを注意して

トップでのタメができてくると、インパクトでコックを早くほどいてしまう事がなくなると思います。

早くコックをほどくとダフってしまいます。

ダフりが多い人は、タメがうまくできていないと思います。


3.素振りで反復練習を

とにかく素振りでの反復練習が上達の第一歩だと思います。

練習場での素振りでもしっかりとタメを作り素振りしてください。

ゆっくりした素振りを繰り返していく事で体にスイングを憶えさせます。

なんども同じ事を繰り返す練習は飽きてしまうので、色々練習方法を変えながら練習するのも一つの手です。

タメを作るためのスイング矯正用の練習器具も発売されていますのでそのような器具を使うのもいいでしょう。

ゴルフというスポーツは焦ってはいけません。

人生と一緒ですね。

コースに1時間前に着くのがマナーですが、1時間前に到着する事で自分の時間を作る事ができます。

ゴルフはスタートするまでに色々と用意しなければいけないですよね。

まずは、ボール、ティー、グリーンフォーク、マーカー、手袋など色々な準備があります。

これが、スタート直前についた場合、スタートしてからあれが無い、これが無いと余計な事を思い出してしまうと、焦りにつながりいいゴルフができません。

スイング中のタメでイッパク置くというのにも繋がる事だと思います。

タメを作る事で、スイングのタイミングを整えてくれます。

コッキングで始動し、テークバックでタメを作り、インンパクトでコックを解放し球に力を加えていく。

考えると単純な動作のようですが、これが毎回うまいことできるようになればかなり上達したことになるでしょう。

人は機械では無いのですから練習が必要です。

簡単に上級者にはなれないから、皆一生懸命練習しています。

コツコツと練習していけば、必ず結果がついてきますので焦らずコツコツと練習していきましょう。






ゴルフがもっと上手くなりたい人へ
ゴルフが驚くほど上達する練習教材
✓スコアが100切れない
✓飛距離が中々出ない
✓本を読んでも、プロから指導を受けても上達しない
✓コースに出ると全然スコアが伸びない

そんなアナタにおすすめなのが、 「ゴルフが驚くほど上達する練習教材」 です。

ゴルフが驚くほど上達する練習教材は、 元プロゴルファーやティーチングプロ などが監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にゴルフが上達 することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のゴルフが上達する練習教材を紹介します。
7日間シングルプログラム

5ラウンド以内に80〜90台のスコアを!!
このプログラムはジャパンゴルフツアーに出場する現役のプロゴルファーの小原大二郎氏 が教える7日間で100を切り、安定的に80〜90台のスコアを出すための練習方法です!!

短い時間で成果が出るから忙しいアマチュアゴルファーにぴったりです!

しかも5ラウンド以内に80〜90台のスコアが出なければ、返金保証がついているので、安心して取り組めます!