ゴルフスイングのフォローは、スイングの中でも大変重要な動作になります。

フォローとは正確には、フォロースルーといって、ボールが当たってから、フィニッシュに至るまでの動作になります。

初心者の方は、ボールの当たった後など、さほど気にしなくてもいいのでは、考えるかもしれません。

正しく、正確にボールを飛ばすには、このフォローの動きが出来ないと、ミスショットになり兼ねないという事です。

この章では、ゴルフスイングの正しいフォローについて考えて、理想のスイングを見つけていきましょう。

明日のゴルフの上達のために、必要な事ですよ。





1.理想のゴルフスイングを作るためのフォローのつくり方

ゴルフスイングは、大きく何行程かに分けられます。

(1)ティークバック(クラブを振り上げるための予備動作)

(2)バックスイング(クラブを後ろへ振り上げ)

(3)トップ

(4)ダウンスイング

(5)インパクト(ボールに当たる瞬間)

(6)フォロースルー(当たった後の振りぬき)

(7)フィニッシュ

これが、スイングの一動作で、各工程には、それぞれのノウハウがあります。

ボールを正しく飛ばすためには、(6)番目のフォロースルーを意識しろと言われます。

なぜ、ボールに当たった後の動作が大事で、どういうフォローをとればいい球が打てるのか、お話ししていきます。


1.フォローの重要性について

ボールを打つ瞬間のクラブヘッドの動きは、ボールの弾道を決定します。

ボールは、フォローでクラブが抜けた方向に飛んでいきますし、その時のフェースの面で飛び方も違ってきます。

これは、当然のことで、ボールは打たれた方向に飛びますが、フォローの方向が、それを示すことになります。

打ちたい方向に、フォローを出せば、ボールの打ち出し方向は、決定してしまいます。

ただ、ゴルフボールはまっすぐ飛ぶとは限らず、途中からフックやスライスと右や左に曲がることもあります。

ボールに当たる瞬間、クラブフェースでボールを大きくこすれば、ボールの軌道は曲線を描きます。

上級者やプロは、この特性を利用して、ドローやフェードを打ち分けたりします。

初心者は、まず素直にまっすぐ飛ばすことを考えて、フォローが取れればいいのですが、ボールをヒットする瞬間をコントロールする事は、困難ですね。

むしろフォローの方向や、形を作っていった方が、正しいスイングに近づくのではないでしょうか。


2.正しいフォローのつくり方

まず、正しいフォローを作るには、腰の回転が必要になります。

腰が回れば、ヘッドスピードも上がり、飛距離も伸びます。

腰が回るには、フィニシュに至るときに、左足に体重が載っていて、右足はつま先立ちになっていることです。

その時、腰が回ってへそが目標を向いていれば、正解です。

フィニッシュになったとき、肘が綺麗に伸びていれば、大変良い形です。

フォロースルーからフィニッシュまでの、形が一定してくると、ショットも安定してきます。 

腰の回転、左への体重移動、肘の伸びたフィニッシュまで、スムースな動作でできれば、フォローが完成に近づきつつあります。

確実なフォローができて、素晴らしいショットが出始めれば、ゴルフの上達が実感できますね。






ゴルフがもっと上手くなりたい人へ
ゴルフが驚くほど上達する練習教材
✓スコアが100切れない
✓飛距離が中々出ない
✓本を読んでも、プロから指導を受けても上達しない
✓コースに出ると全然スコアが伸びない

そんなアナタにおすすめなのが、 「ゴルフが驚くほど上達する練習教材」 です。

ゴルフが驚くほど上達する練習教材は、 元プロゴルファーやティーチングプロ などが監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にゴルフが上達 することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のゴルフが上達する練習教材を紹介します。
7日間シングルプログラム

5ラウンド以内に80〜90台のスコアを!!
このプログラムはジャパンゴルフツアーに出場する現役のプロゴルファーの小原大二郎氏 が教える7日間で100を切り、安定的に80〜90台のスコアを出すための練習方法です!!

短い時間で成果が出るから忙しいアマチュアゴルファーにぴったりです!

しかも5ラウンド以内に80〜90台のスコアが出なければ、返金保証がついているので、安心して取り組めます!