以前お伝えしたように、ゴルフでは体重移動を意識した素振りはとても大切ですし、さらにそれが意識せずに自然と行えるようになれば、とてもスムーズなゴルフスイングが身についていることになります。

体重移動の練習メニューについてご紹介していきましょう。


1. 下半身を鍛える

NO1でお伝えした通り、ゴルフのスイングは上半身よりも下半身です。テイクバックの際に右脚で踏ん張る力。インパクトの寸前に一気に左膝を伸ばす力。




クラブに振り回されているようでは、体重移動はできません。それであればむしろ体重移動なしにスイングした方がまともに飛ぶくらいです。

心地よい全力のナイスショットを生み出すためには、日ごろからの筋肉トレーニングが一番大切です。ちなみに最も鍛えたい筋肉は太ももです。

そのためにスクワットを毎日欠かさず行っている人もいます。会社ではエレベーターをなるべく使わず、つま先で階段を上るのも下半身強化になります。


2. 両腕の力をぬく

ゴルフではボールを遠くに飛ばそう飛ばそうと両腕に力を入れても、ボールはそれほど遠くには飛びません。理由は、ゴルフのスイングのポイントが、上半身よりも下半身にあるからです。

肩の力を抜きましょう。

よく聞く言葉です。

思い切って両腕から力を抜いてみると、ヘッドの重みを利用した理想的なスイングができます。これは体の回転でスイングできているからです。

結果として体重移動ができています。

腕の力に頼ったスイングをしている限りは、まともな体重移動はできません。


3. 右脚に体重を乗せる両腕の力をぬく

振り子の原理と同じで、右脚に体重が乗らないとインパクトにむけて左脚にも体重は乗りません。

最初は大胆に右脚に体重を乗せる方法もあります。

それはテイクバックと同時に左脚を完全に上げてしまう形です。「一本足打法」そのものです。

逆に右脚の下にブロック塀のようなものを敷いて打つという練習メニューもあります。左脚下がりの状態です。

どちらも最初はうまくスイングできませんが、練習を重ねるうちに軸がしっかり決まってきて、綺麗なゴルフスイングができるようになります。

「毎日」20分でも下半身を鍛える筋肉トレーニングをし、「毎日」腰から回転する素振りの練習をする。この毎日の練習メニューを積むと、味わったことのないナイスショットができるようになりますよ。






ゴルフがもっと上手くなりたい人へ
ゴルフが驚くほど上達する練習教材
✓スコアが100切れない
✓飛距離が中々出ない
✓本を読んでも、プロから指導を受けても上達しない
✓コースに出ると全然スコアが伸びない

そんなアナタにおすすめなのが、 「ゴルフが驚くほど上達する練習教材」 です。

ゴルフが驚くほど上達する練習教材は、 元プロゴルファーやティーチングプロ などが監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にゴルフが上達 することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のゴルフが上達する練習教材を紹介します。
7日間シングルプログラム

5ラウンド以内に80〜90台のスコアを!!
このプログラムはジャパンゴルフツアーに出場する現役のプロゴルファーの小原大二郎氏 が教える7日間で100を切り、安定的に80〜90台のスコアを出すための練習方法です!!

短い時間で成果が出るから忙しいアマチュアゴルファーにぴったりです!

しかも5ラウンド以内に80〜90台のスコアが出なければ、返金保証がついているので、安心して取り組めます!