ゴルフはメンタルのスポーツと言われますが、心、身体、技術はそれぞれが関連しあっているため、どれかが秀でていれば良いというわけではありません。

反対に、心を鍛えるために身体をトレーニングしたり、技術を磨くために身体の一部分をコンディショニングしたりするということもあります。

とりわけ、自信が持てる美しいスイングを作るフィジカルトレーニングは、心にも技術にもプラスになります。





1.美しいゴルフスイングを作るメリット

ゴルフはスコアを競うスポーツであるため、スイングフォームの癖が強くても結果さえ良ければいいという方もみえるかと思います。

確かに往年のプロゴルファーのなかには癖の強いフォームで活躍した選手が何人もみえます。

これが正しいスイングというものはありませんから、細かくみれば誰にだって特徴的な部分があるはずです。

それでもゴルフスイングという運動の基本的な要素は変わらないため、例えば左足の床反力を使って左の股関節を回旋させてから打つという順番が正しいことなどには疑いの余地がありません。

このような基本的な要素は身体をトレーニングすることで強化することができます。

トレーニングにより強化された身体では、ゴルフスイングを美しく調整することが可能になります。

そして、美しいゴルフスイングは自信にもつながるため、技術と心を同時に鍛えたことになります。

つまり、ゴルフに合わせて身体をトレーニングするということが、ゴルフ上達の近道になると言えます。


2.ゴルフに合わせたトレーニング方法

ゴルフというスポーツでは美しいスイングを作り上げ、その一貫性が保たれることが最も重要と考えられます。

オンプレーン、レベルスイング、正しいフェース角とライ角と入斜角、大きなスイングアーク、速いヘッドスピード、再現性の高いリズムなどを鍛える必要があります。

これらの要素を考慮したスイングスタビライズというトレーニング方法を紹介します。

まず、通常通りアドレスした状態から右足を大きく一歩前に出します。

その右足に荷重して、左足はつま先立ちにします。

そこからテイクバックをして、左肘をしっかり伸ばし、手の位置が胸の中央からずれないようにします。

両肩を結ぶラインが90度右回旋したところで30秒保持します。

次にフォロー側も同様に行います。

今度は左足を前にして、右足がつま先立ちになります。

フォロー側は左に向かって回旋し、右肘をしっかり伸ばしますが、左肘もなるべく伸びた状態を保てると肩甲骨の使い方が正しくなります。

このスイングスタビライズでは太ももやお尻の筋肉、お腹まわりの筋肉、背中を支える筋肉、腕を伸ばす筋肉などに効果があり、さらに肩甲骨や股関節の可動域を増大させるという狙いがあります。

まさにゴルフのために考案されたトレーニング方法です。

毎日行って美しいゴルフスイングを作り、上達を図りましょう。






ゴルフがもっと上手くなりたい人へ
ゴルフが驚くほど上達する練習教材
✓スコアが100切れない
✓飛距離が中々出ない
✓本を読んでも、プロから指導を受けても上達しない
✓コースに出ると全然スコアが伸びない

そんなアナタにおすすめなのが、 「ゴルフが驚くほど上達する練習教材」 です。

ゴルフが驚くほど上達する練習教材は、 元プロゴルファーやティーチングプロ などが監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にゴルフが上達 することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のゴルフが上達する練習教材を紹介します。
7日間シングルプログラム

5ラウンド以内に80〜90台のスコアを!!
このプログラムはジャパンゴルフツアーに出場する現役のプロゴルファーの小原大二郎氏 が教える7日間で100を切り、安定的に80〜90台のスコアを出すための練習方法です!!

短い時間で成果が出るから忙しいアマチュアゴルファーにぴったりです!

しかも5ラウンド以内に80〜90台のスコアが出なければ、返金保証がついているので、安心して取り組めます!