トッププロゴルファーのスイングはとても美しいと感じます。

ゴルフスイングがプロのように美しくなれば、スコアメイクもずいぶん簡単になることが予想されます。

美しいゴルフスイングを修得するためには毎日のストレッチが必要不可欠です。


1. 美しいゴルフスイングの要素

ゴルフに限らず、プロのスイングや動作を真似ることは上達の早道です。

どうすればプロのように美しいゴルフスイングができるようになるのか、動画や連続写真で比較して違いを探してみましょう。




多くの方に共通して見られる徴候としては、左肘(リード側)が曲がる、骨盤がスウェーする、右足に重心が残る、リリースが早いことなどが挙げられます。

スイング動作の意識が違うこともありますが、ほとんどの場合は身体的な可動域の不足が問題となります。

特に肩甲骨と股関節、胸椎椎間関節は大きな可動域が必要です。

例えばテイクバックの際に左肘が曲がるというのは、体幹(胸椎椎間関節)が回旋しない分を腕で代償的にクラブを持ち上げようとして起こります。

骨盤のスウェーは股関節の回旋が足りず、お尻を後方に引けないために、代償的に骨盤を移動させるために起こります。

このように、代償的な運動がゴルフスイングの美しさを阻害する要因となるのです。

つまり、十分な可動域があれば、誰でも美しいスイングを作ることが可能であり、ゴルフを上達させるためには必要不可欠な要素といえます。


2.毎日数分のストレッチでスコアアップ

可動域が足りていないからといって、すぐにスイングを修正することは困難です。

スクールに通ってもなかなかスイングが美しくならないのは、可動域が足りていないからと認識するべきです。

そこで、十分な可動域を確保して美しいゴルフスイングを作るための最短コースとして、毎日のストレッチをオススメします。

そもそも、ストレッチというのは毎日やるからこそ効果が期待できるのであり、1回こっきりで可動域が改善するのは一時的なものとなってしまいます。

最近はストレッチのお店が普及していますから、自分でできない方はプロのセラピストに任せると良いでしょう。

ただし、強すぎるストレッチは関節を痛める可能性があります。

一度に伸ばしすぎないように気をつける必要があるので、ストレッチ店の特徴を理解して通ってください。

定期的に通うことで、ゴルフスイングに必要な可動域を手に入れることが期待できます。

コツコツとしたストレッチの積み重ねで美しいゴルフスイングを作り、ゴルフの上達を目指しましょう






ゴルフがもっと上手くなりたい人へ
ゴルフが驚くほど上達する練習教材
✓スコアが100切れない
✓飛距離が中々出ない
✓本を読んでも、プロから指導を受けても上達しない
✓コースに出ると全然スコアが伸びない

そんなアナタにおすすめなのが、 「ゴルフが驚くほど上達する練習教材」 です。

ゴルフが驚くほど上達する練習教材は、 元プロゴルファーやティーチングプロ などが監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にゴルフが上達 することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のゴルフが上達する練習教材を紹介します。
7日間シングルプログラム

5ラウンド以内に80〜90台のスコアを!!
このプログラムはジャパンゴルフツアーに出場する現役のプロゴルファーの小原大二郎氏 が教える7日間で100を切り、安定的に80〜90台のスコアを出すための練習方法です!!

短い時間で成果が出るから忙しいアマチュアゴルファーにぴったりです!

しかも5ラウンド以内に80〜90台のスコアが出なければ、返金保証がついているので、安心して取り組めます!