ゴルフ初心者の人で多いのが、インパクトの後ボールの行方を気にしてフォローを大きく取らず、すぐに顔がボールを探しにいってしまいヘッドアップになっている人がいます。

これだとボールをクラブが捕まえることができず、フォローも大きく取れていないので飛距離が出ないスライスボールか出て行きません。

ゴルフは欲を出すと結果がついてこないスポーツだと思います。

基本に忠実にスイングを行うことで上達することができます。




いかに欲求を消すかが大事です。

コースに出ると、プロゴルファーのように果敢に攻めたくなりますがこれも欲求を消してコツコツ地道に進んでいったほうが、最終的に上達スピードが早いと思います。

けど男なら狙いたいですよね。

狙いたいならまず練習です。

練習場でできないショットはまずコースでは打てません。

コースでは平らなライはほぼ0に等しいからです。

ティーグラウンドでも多少の傾斜がついています。

ティーマークやコースの木々などが、いやらしい方向に向いていたりして錯覚を生み出します。

錯覚を見極めるには経験が必要ですが。


1.練習場でも工夫が必要

練習場でも毎回同じ方向にボールを打つのではなく、1球1球ターゲットを変えて打つことが上達する練習だと思います。

練習場は何度でも打ち直しができますので、しっかりと練習してください。


2.スイングは大きな円を描くように

そこで重要なのが大きな円を描くようなスイングを心掛けましょう。

どうしても早く結果を知りたくなると、スイングも早くなってしまいます。

スイングが早くなってしまうと、小さなスイングになってしまい、フォロースルーも小さくなってしまいます。

クラブで大きな円を描くつもりで、大きなスイングをしてあげればクラブが仕事をしてくれるので、その人なりの飛距離が出てきます。


3.軸をぶらさないで

大きくスイングをして欲しいのですが、実際大きなスイングをするとは、軸をぶらさないで大きなスイングをしてください。

テークバックで体ごと右のほうに傾き、フォロースルーで左のほうへ傾き、左右に体がズレて行くスイングは、スウェーというスイングになりインパクトでしっかりとボールとフェースがコンタクトできません。

軸をしっかりと持った上で、大きなスイングをしてください。

初心者の方で、フォロースルーで左肘が前に来てしまっている人が多いです。

フォロースルーでは左肘は体にひっつくようにしないとダメですよ。






ゴルフがもっと上手くなりたい人へ
ゴルフが驚くほど上達する練習教材
✓スコアが100切れない
✓飛距離が中々出ない
✓本を読んでも、プロから指導を受けても上達しない
✓コースに出ると全然スコアが伸びない

そんなアナタにおすすめなのが、 「ゴルフが驚くほど上達する練習教材」 です。

ゴルフが驚くほど上達する練習教材は、 元プロゴルファーやティーチングプロ などが監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にゴルフが上達 することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のゴルフが上達する練習教材を紹介します。
7日間シングルプログラム

5ラウンド以内に80〜90台のスコアを!!
このプログラムはジャパンゴルフツアーに出場する現役のプロゴルファーの小原大二郎氏 が教える7日間で100を切り、安定的に80〜90台のスコアを出すための練習方法です!!

短い時間で成果が出るから忙しいアマチュアゴルファーにぴったりです!

しかも5ラウンド以内に80〜90台のスコアが出なければ、返金保証がついているので、安心して取り組めます!