ゴルフのアプローチはピンに寄せてしっかりとカップインさせる1つの方法と言えます。

アプローチをコントロールして寄せるためには、ポイントとして目線の位置が挙げられます。


1.アプローチの基本はボールの左半分を見る

目線というものは、アプローチには重要となり理由としては、目線によってフォームが変わってしまうからと言えます。




アプローチのポイントは、ボールの左半分を見て打つことが良いと言えますが、決して打つ瞬間だけでなく、構えた時から意識する必要があります。

フォームを正しく導く効果があり、ヘッドアップすることを防ぎ、左肩が上がることを防ぎます。

フィニッシュを左足重心で打てるという大きなメリットもあり、目線に意識を持っていくだけで多くの効果があります。


2.初心者はボールに意識が行き過ぎる

ボールの左半分を見る事がアプローチの基本ですが、初心者は、アプローチのときにボールの右半分に目線がいくことが多いと言えます。

どうしてもうまくインパクトしようと当てるところに意識がいってしまいます。

ボールをすくってしまう打ち方であり結果的にダフリを起こしたり、ヘッドアップさせてしまいトップにつながってしまいます。

左ひじを引いて打ってしまうという、とんでもないミスを引き起こす原因にもなるので注意が必要です。

初心者に多いミスを初めのうちに正しておくとアプローチの上達に繋がります。


3.目線をしっかり意識するという事

初心者は特に言えることですが、アプローチをするときに、力んでクラブを振り回している人が多いです。

よく力いっぱいスイングしている人を見かけますが、振って飛ばすアプローチは大きな間違いです。

理由としては、クラブの重さで自然と打っていくことが正しいスイングと呼べるからです。

アプローチでは、無理に振るのではなく、重さを利用してクラブを落とすだけで勝手にフェース面に当たってボールは飛ぶので、ボールの左半分に目線を持っていくという基本がとても影響します。

目線を左側に置くとボールに対して自然な入射角でクラブが入って行きやす結果としてボールがクラブのロフトによって上がっていく事から正しいアプローチと言えます。

ゴルフのアプローチでは、初心者は上達における目線を左側において手にこだわらず身体全体でボールをアプローチすることを意識することが肝要と言えます。

目線を意識していかなる時も対応できるようにアプローチを練習する事から始めると良いです。






ゴルフがもっと上手くなりたい人へ
ゴルフが驚くほど上達する練習教材
✓スコアが100切れない
✓飛距離が中々出ない
✓本を読んでも、プロから指導を受けても上達しない
✓コースに出ると全然スコアが伸びない

そんなアナタにおすすめなのが、 「ゴルフが驚くほど上達する練習教材」 です。

ゴルフが驚くほど上達する練習教材は、 元プロゴルファーやティーチングプロ などが監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にゴルフが上達 することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のゴルフが上達する練習教材を紹介します。
7日間シングルプログラム

5ラウンド以内に80〜90台のスコアを!!
このプログラムはジャパンゴルフツアーに出場する現役のプロゴルファーの小原大二郎氏 が教える7日間で100を切り、安定的に80〜90台のスコアを出すための練習方法です!!

短い時間で成果が出るから忙しいアマチュアゴルファーにぴったりです!

しかも5ラウンド以内に80〜90台のスコアが出なければ、返金保証がついているので、安心して取り組めます!