ゴルフの打ちっ放し練習場で、ウッドやドライバーはティーアップして練習していても、アイアンは人工芝の上から打つ光景をよく見かけます。

ずばり、人工芝の上からアイアンを打つ練習では、上達は遅くなってしまいます。

今日からアイアンもティーアップして練習してみませんか?

ショットが上達することで、格段にゴルフの腕前が上達します。

今回は「ゴルフが上達するティーアップを取り入れた練習メニュー」をご紹介します。


1.ティーアップをお勧めする理由

ゴルフ練習場の人工芝の上から打つ人が多いのですが、実はダフっていることに気づいていますか?




人工芝は滑りが良いため、実はダフっているのにも関わらずボールが飛んでいってしまいます。

ゴルフ練習場では調子よく打てた!とダフリに気づかずにラウンドしてしまうと、ゴルフ場でのプレーでは毎回ダフってしまう…と不思議がる方が結構いらっしゃいます。

そういったことを防ぐためにも、ゴルフ練習場では、毎回ティーアップして練習するようにしましょう。

こうした現象も、初心者のうちにしっかりティーアップしたボールを打つ練習をしておけば、上達も早くなります。

正しいスイングを固めるためにも、ティーアップしてからアイアンの練習をすることをお勧めします。

また誤って地面にクラブを打ちつけてしまうと肘や指、手首を痛めてしまうこともあります。

ティーアップしたボールを打つのは練習中の負傷も防げるので、ぜひティーアップしたボールを打ちましょう。


2.クラブフェースの芯に当てるように

ティーアップしたボールをクラブフェースの真ん中・芯で打てるようになると、ボールはきれいに飛んでいくようになります。

最初の頃はティーを少し高めに設定して、上達の段階を追って少しずつ低くしていきましょう。

ダフらなくなってきたら、地面に近い高さまで下げて打っていきます。

芯に当たるようになれば、当たった感触と乾いた音の気持ちよさが身を持って覚えているので、ナイスショットの再現性が高くなります。

芯に当たる感覚をしっかり覚えましょう。


3.最初は7番アイアンから始めよう

14本のクラブの中でちょうど中間の長さである7番アイアンから始めるようにしましょう。

慣れてくれば、6番・5番と長めのアイアンでも練習していきましょう。


4.フェアウェイウッドを打ってみよう

フェアウェイウッドが苦手な方にもこのティーアップして打つ練習はお勧めです。

腰の回転を重視して、トップからインパクトにかけては地面と平行にして打ちます。

コツとしては、低いティーアップではなく、ドライバーを打つ時のように高くティーアップして打つようにします。

この状態で打つと、失敗した時のボールがわかりやすくなります。

ゆっくりスイングプレーンをなぞるように打っていきます。

ボールに対し、クラブヘッドをできる限りまっすぐに当てていくので、感覚としてはトップを打つような感じなりますが、しゃくり上がる動作を直すのにとても有効な練習方法です。

ぜひ何度も練習してみてください。






ゴルフがもっと上手くなりたい人へ
ゴルフが驚くほど上達する練習教材
✓スコアが100切れない
✓飛距離が中々出ない
✓本を読んでも、プロから指導を受けても上達しない
✓コースに出ると全然スコアが伸びない

そんなアナタにおすすめなのが、 「ゴルフが驚くほど上達する練習教材」 です。

ゴルフが驚くほど上達する練習教材は、 元プロゴルファーやティーチングプロ などが監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にゴルフが上達 することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のゴルフが上達する練習教材を紹介します。
7日間シングルプログラム

5ラウンド以内に80〜90台のスコアを!!
このプログラムはジャパンゴルフツアーに出場する現役のプロゴルファーの小原大二郎氏 が教える7日間で100を切り、安定的に80〜90台のスコアを出すための練習方法です!!

短い時間で成果が出るから忙しいアマチュアゴルファーにぴったりです!

しかも5ラウンド以内に80〜90台のスコアが出なければ、返金保証がついているので、安心して取り組めます!