リフティング、と聞くとすぐに思い浮かぶのはサッカーですが、ゴルフもクラブでリフティングができます。

ゴルフでのリフティングは、クラブを使って遊んでいるようにも見えますが、実際にやってみるとかなり難しそうですよね。

クラブでリフティングできるようになるには、クラブフェースの芯がどこかを感じること・そこに当て続ける集中力が必要です。

フェースの芯を常に意識できるようになると、普段のスイングでもクラブフェースのどこに当てれば良いのかがわかってきます。




遊びながらゴルフの集中力とクラブフェースのスイートスポットの理解ができると上達への効率が良いですよね。

今回は「ゴルフが上達するリフティングを取り入れた練習メニュー」をご紹介しましょう。

ゴルフが上達するリフティングを取り入れた練習メニューをスイング練習に加えれば、練習の気分転換にもなります。


1.リフティングの仕方

よく使用されるクラブはサンドウェッジです。

ショートアイアンは少し重いので、グリップを持つとシャフトの長さ分の重みを感じて腕がつらくなるので、シャフトを持っても良いでしょう。

クラブフェースは上に向けます。手首や肘をうまく使って支えを作ります。

いきなりやってもできない場合がほとんどなので、最初はフェース面にボールを乗せて、しばらく静止してみましょう。

ボールを乗せたままの静止もなかなか難しく集中力が要りますが、根気よくやってみてください。

この体勢がキープできるようになったら、いよいよリフティングです。


2.小さなリフティングに挑戦してみる,/h3>
小さなリフティングが連続してできる練習メニューをこなしましょう。

いきなり大きくリフティングをするのではなく、小刻みで良いので、小さくポンポンと数回できるように繰り返します。

コツコツと同じ面に当てることができると、かっこいいリフティングをマスターするのはもう少しです。

当然ですが、フェースの同じ面に当たり続けていれば、ボールがあっちこっちに弾んでしまうことはありません。

また、腕や手首だけでリフティングすると、フェース面がどうしてもブレてしまいます。膝をうまく使うことを意識しましょう。

フェース面が上下せず、常に地面と平行になるようにします。腕だけでは無理なので、膝を少し曲げて膝のクッションを作り、リフティングします。

次に、サッカーのリフティングのように数回続けてピタッと止める、といった動きをフェース上で再現してみましょう。

リフティングをマスターするには集中力がとても必要です。

しかし遊びのように楽しくできる練習なので、練習メニューにリフティングをぜひ取り入れてみてください。






ゴルフがもっと上手くなりたい人へ
ゴルフが驚くほど上達する練習教材
✓スコアが100切れない
✓飛距離が中々出ない
✓本を読んでも、プロから指導を受けても上達しない
✓コースに出ると全然スコアが伸びない

そんなアナタにおすすめなのが、 「ゴルフが驚くほど上達する練習教材」 です。

ゴルフが驚くほど上達する練習教材は、 元プロゴルファーやティーチングプロ などが監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にゴルフが上達 することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のゴルフが上達する練習教材を紹介します。
7日間シングルプログラム

5ラウンド以内に80〜90台のスコアを!!
このプログラムはジャパンゴルフツアーに出場する現役のプロゴルファーの小原大二郎氏 が教える7日間で100を切り、安定的に80〜90台のスコアを出すための練習方法です!!

短い時間で成果が出るから忙しいアマチュアゴルファーにぴったりです!

しかも5ラウンド以内に80〜90台のスコアが出なければ、返金保証がついているので、安心して取り組めます!