ゴルフを上達するにはパッティングのスキルを磨く必要があります。

ドライバーでいくら飛ばしても、アプローチが上手くいっても最後にゴルフのホールを締めるのはパッティングでありゴルフの大事なポイントと言えます。

パッティングの上達にはスイングを意識して行うと良いと言えます。


1.ヘッド軌道は常に真っ直ぐが基本

パッティングで重要なのは、とにかくフェースの芯で打つということです。




そのためにはヘッド軌道が真っ直ぐであることが必要不可欠で、テークバックでヘッドを真っ直ぐ引き、フォローでも真っ直ぐな軌道を描くように意識します。

これができれば方向性は間違いなくアップし、原理が分かっていても、実際自分のパッティングのヘッド軌道を見てみると真っ直ぐになっていないことに気が付くと思います。

あまり意識しないでパッティングするとインサイドインの軌道になる方が多いと言えます。

狙ったところに打つためには方向性が安定することが不可欠で、ショートパットでは方向性が合うだけで入るか入らないかが決まるようなものです。

最初は慣れない感じがするかもしれませんが、パターの芯で打つためにもとにかくヘッド軌道が常に真っ直ぐになるように意識して練習することが大事です。


2.安定したパッティング

パッティングスイングの打ち方ですが、ポイントは手首を使って打たないことです。

イメージとしては、両肩だけを動かしてパッティングする感覚です。

両腕を体から離してヒジを曲げ、このとき両ワキが空いていても良いです。

両肩、両ヒジ、グリップで五角形ができていると思いますが、その五角形を崩さないままテークバックからフォロースルーまで行います。

実際にやると分かりますが、この打ち方なら絶対に手首は使えないので良いです。

五角形をキープするために、両ヒジの間隔を変えないことを意識して、ここがブレるとフェースの芯にボールがヒットしなくなります。

キープできれば、うまく芯に当たるようになり、パッティングは他クラブと比較すると派手さがなく、練習しても地味でストレスがたまるためあまり練習しない方が多いと思いますが、実際のラウンドでは差が付きやすいクラブです。

ショートパットを確実に入れる人やたまにミスする人ではスコアは大きく違ってきます。

少なくともパッティングは苦手という意識を持つことは絶対不利になりますので、基本だけでもマスターして3パットを減らしていくように努力すると良いです。






ゴルフがもっと上手くなりたい人へ
ゴルフが驚くほど上達する練習教材
✓スコアが100切れない
✓飛距離が中々出ない
✓本を読んでも、プロから指導を受けても上達しない
✓コースに出ると全然スコアが伸びない

そんなアナタにおすすめなのが、 「ゴルフが驚くほど上達する練習教材」 です。

ゴルフが驚くほど上達する練習教材は、 元プロゴルファーやティーチングプロ などが監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にゴルフが上達 することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のゴルフが上達する練習教材を紹介します。
7日間シングルプログラム

5ラウンド以内に80〜90台のスコアを!!
このプログラムはジャパンゴルフツアーに出場する現役のプロゴルファーの小原大二郎氏 が教える7日間で100を切り、安定的に80〜90台のスコアを出すための練習方法です!!

短い時間で成果が出るから忙しいアマチュアゴルファーにぴったりです!

しかも5ラウンド以内に80〜90台のスコアが出なければ、返金保証がついているので、安心して取り組めます!