ゴルフのドライバーショットは、ミスが致命傷となりかねないショットです。それは、ドライバーでの飛距離を考えれば分かります。

アイアンでのアプローチ、グリーンでのパターショットと比べて、ドライバーで飛ぶ距離は、ずば抜けて長く、ドライバーの飛距離によってその後のアプローチショット以降のショットで、どのくらいつめなければならないかが変わってくるからです。

だからこそ、ドライバーを上達することがゴルフの上達では欠かせません。


1.ドライバーの重要性

ドライバーは、他のショットよりも飛距離が大きくスコアーに直接に関わるショットであることから、ドライバーの上達はゴルフの上達に欠かせません。




また、ドライバーでOBなどを打つと、一打罰が科せられたりスコアーに大きく関わります。

それだけでなく、ドライバーで飛距離を伸ばしながらフェアウェイをキープすることで、後のアプローチが楽になります。

だから、ドライバーの上達はゴルフの上達に不可欠です。


2.ドライバーの上達方法

ドライバーは、ティショットから打つことがほとんどです。

ティーにボールをセットしてドライバーを大きく振りかぶって打ち出すショットは、まさにゴルフの醍醐味といえるでしょう。

ですから、ゴルフ練習場でもドライバー練習に勤しむ姿がたくさん見かけられます。

ただ、ドライバーの練習には注意が必要です。

もちろん、ドライバーの打ち方など基本的なスイング方法なども重要ですが、練習場選びもドライバーの練習には重要になってきます。

ドライバーで重要なことは、どれだけ真っ直ぐに飛距離を長く飛ばすことが出来るかということです。

すると、ドライバー練習では250ヤードから300ヤード以上の練習スペースがあるゴルフ練習場が望ましいです。

もちろん、敷地面積の小さい練習場でもスイングを固めたりボールを芯で捕らえているかという確認の練習は、することが可能です。

ただ、ドライバーショットの特性として、最初の150ヤードや200ヤードまでは真っ直ぐに飛んでいても、最後の50ヤードでスライスすることが多々あります。

本コースにおいては風によって左右される場合もありますが、練習場ではドライバーで打ったショットが真っ直ぐに飛距離を伸ばしているかが最も重要なポイントになるので、本当にドライバーショットの練習を行うのであれば、縦にも横にも広い練習場を利用することをお勧めします。


3.ドライバーショットの修正方法

ドライバーショットで悩む人の多くは、スライス、飛距離のどちらかです。

これらは、理論的に考えると、ドライバーののヘッドがボールに垂直にあたっているか、そして、芯で捕らえきれているかという問題になります。

もちろん、クラブがボールを芯で捕らえて、ボールに垂直に当てるためには、安定したスイングをする必要がありますが、最終的には打ち込みを行って、1球ごとにボールの飛んだ先を確認して自分のショットを修正する必要があります。

そのためにも、ドライバーの練習を行うのであれば、広い敷地面積のゴルフ練習場で、1打1打集中して、自分のスイングと向かい合う必要があるでしょう。

ドライバーが上達すれば、ゴルフのスコアーは遥かに伸びてくることは間違いありません。






ゴルフがもっと上手くなりたい人へ
ゴルフが驚くほど上達する練習教材
✓スコアが100切れない
✓飛距離が中々出ない
✓本を読んでも、プロから指導を受けても上達しない
✓コースに出ると全然スコアが伸びない

そんなアナタにおすすめなのが、 「ゴルフが驚くほど上達する練習教材」 です。

ゴルフが驚くほど上達する練習教材は、 元プロゴルファーやティーチングプロ などが監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にゴルフが上達 することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のゴルフが上達する練習教材を紹介します。
7日間シングルプログラム

5ラウンド以内に80〜90台のスコアを!!
このプログラムはジャパンゴルフツアーに出場する現役のプロゴルファーの小原大二郎氏 が教える7日間で100を切り、安定的に80〜90台のスコアを出すための練習方法です!!

短い時間で成果が出るから忙しいアマチュアゴルファーにぴったりです!

しかも5ラウンド以内に80〜90台のスコアが出なければ、返金保証がついているので、安心して取り組めます!