ゴルフの練習をしたいけれど、練習場が遠いという理由や時間がない、だから練習したくても出来ないということは、よくある話です。しかし、ゴルフの上達には反復した練習が不可欠ですし、練習しなければゴルフの腕は鈍ります。

ゴルフ練習場に行かなくても少しの工夫で自宅でできる練習方法があります。自宅での練習でゴルフを上達してスコアーに差をつけましょう。


1.パターの自宅練習

ドライバーやアイアンのスイングを練習するには、クラブを振るだけのある広さ・スペースが必要となります。




ですので、マンションやアパートの一室では難しいかもしれません。

しかし、パターの練習ならアパートやマンションでも可能です。もちろん、床にボールが転がる際の音、パターを置く際の音は、隣近所の住民の迷惑にもなるので気をつけなければなりません。

パター練習用のマットとカップを使って、パターショットを練習することは自宅でも可能です。

パターを同じ強さでスイングして同じ距離を詰めるという練習はパターショットの力加減を体で覚えるというのに役立ちます。

カップまでの距離を変えて練習すれば、どの程度のパターをあげると、どの程度進むというのかという力の入れ加減を実につけることが出来ます。


2.アイアンの自宅練習

庭や住宅街の自宅前の道路があるのであれば、アイアンのスイング練習を行うことが可能です。

会社員のお父さん方が、深夜、一軒家の自宅前のの道に30センチ四方のマットを引いて、でゴルフのスイングの練習をしているところは、たまに見かける光景です。

だからといって、通勤途中の駅のホームで手持ちの傘でスイングの練習をするのは回りのお客様の迷惑になるだけでなく、スイングの感覚が狂う原因となり、周りから見ても滑稽な姿ですので、厳禁です。

ボールを使わず、飛距離等を確認できないスイングだけの練習では、軸を中心に回転しているかということを意識してスイングすることが重要です。

正しい綺麗なフォームで振ることを心がけて、体にスイングを覚えこませることが大切です。


3.さまざまな練習法

ゴルフ用品ショップに行くと、自宅でも出来る練習グッズがいくつか売っています。

たとえば、庭に設置してボールを打ち込む用のネットであったり、グリップ部だけのクラブで重量があり、握り方とグリップの練習となるもの、そのほかにもいろいろな練習用具があるので、自宅練習用に、ゴルフ用品店をのぞいてみるのも良いのかもしれません。

また、直接にはゴルフの上達とは関係なくとも、柔軟体操や筋力トレーニング、ウォーキングやジョギングなどの軽い運動は足腰を安定させる効果もあるので、日々少しでも行うことでスコアーを伸ばす練習となります。






ゴルフがもっと上手くなりたい人へ
ゴルフが驚くほど上達する練習教材
✓スコアが100切れない
✓飛距離が中々出ない
✓本を読んでも、プロから指導を受けても上達しない
✓コースに出ると全然スコアが伸びない

そんなアナタにおすすめなのが、 「ゴルフが驚くほど上達する練習教材」 です。

ゴルフが驚くほど上達する練習教材は、 元プロゴルファーやティーチングプロ などが監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にゴルフが上達 することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のゴルフが上達する練習教材を紹介します。
7日間シングルプログラム

5ラウンド以内に80〜90台のスコアを!!
このプログラムはジャパンゴルフツアーに出場する現役のプロゴルファーの小原大二郎氏 が教える7日間で100を切り、安定的に80〜90台のスコアを出すための練習方法です!!

短い時間で成果が出るから忙しいアマチュアゴルファーにぴったりです!

しかも5ラウンド以内に80〜90台のスコアが出なければ、返金保証がついているので、安心して取り組めます!